五月文楽公演「二人禿/絵本太功記/生写朝顔話」

五月文楽公演「二人禿/絵本太功記/生写朝顔話」

二人禿/絵本太功記/生写朝顔話

●「二人禿」
初日だからかな。人形の動きが硬い。出だしから、やや不安。

●「絵本太功記」
豊竹英大夫の声が、いつもより細いのが気になった。体調でも悪かったのか。。
この後の咲大夫と比べてしまうと、どうしても劣ってしまう。

「尼ヶ崎の段」の後半は圧巻。曲がスゴイ。熱いし、音が厚い。

光秀が松の木によじ登り、自軍の不利を悟る場面が、一番のクライマックス。
豊竹咲大夫は、やはりうまい。まさに適任。

●「生写朝顔話」
今まで知らなかったけれど、盲目のヒロインと、一途の愛に生きる男の物語で、このままプッチーニかワーグナーのオペラにしてもいいぐらいの、
ドラマチックな展開。

そして最後の「大井川の段」は変形の道行。
まるで能の狂女のように変貌するヒロインと、最後に明かされる人間関係、そして意外な結末・・・。
今更ながら、江戸文化のエンターテイメント性の豊かさに感服させられる。

エンターテインメントカテゴリの最新記事