ピュアモルト(ブラック)

ピュアモルト(ブラック)
ピュアモルト

さて、ついに我が家にも、
「ピュアモルト」三兄弟(ホワイト、レッド、ブラック)が、勢ぞろいいたしまして、

3つのグラスにそれぞれを注いで目の前に並べ、
念願の「利きウヰスキー」をやっているわけでござりまする。

レッドを飲んで、
水を飲み、
ブラック飲んで、
水を飲み、
ホワイト飲んで、
水を飲み、
水を飲んで、
レッドを飲んで、
水を飲んで、
ブラックを飲み、
・・・・・・・
・・・・・

てなことをしていたら、
いつの間にか酔っ払っていたわけですよ、はい。

ウィスキーの味を追究すべく、このブログでも色々と採り上げてきましたが、
今回の「ピュアモルト」飲み比べで、今更ながら(?)ひとつの結論に達したのである!!

あ゛~、ウィスキーって酒は、基本的に甘すぎる。
こいつは絶対、ロックで飲むべきだ!

って、ホントいまさらなのですが。

今回の主役である「ブラック」を飲んだら、
あまりにも濃厚すぎたせいもあるのだけれども、

その後に、ドライなはずの「ホワイト」を飲んでも、やっぱり甘く感じたので、

月やあらぬ 春や昔の春ならぬ・・・

ではないけれども、僕の心境というか味覚に、なんらかの変化が生じたのでしょう。

よって、ここに宣言いたします。

今後、ウィスキーはロックでしか飲みません!!
※ただし、休日を除く

根性無しなので、例によって、当面は休日は除かせていただきますが。。

ということで、3つのグラスにちょい残しになった3種類を、
別のロックグラスに移して混ぜて、
これをちびちび飲みながら、溜飲を下げておこうと思う次第であります。

カテゴリの最新記事