DOUGLAS XO

DOUGLAS XO
DOUGLAS XO

いつも行かない酒屋の前を通ったら、
中から何かに呼ばれた気がしたので、フラっと入ったら
見たことのないスコッチがあったので迷わず購入。

酒の記事を書くのは久しぶり(?)な気もするけど、
決してペースが落ちたわけではなく、むしろ加速、

いつもは新しい銘柄を買ったらすぐにここに書くのだが、
今回は既に残り3分の1になっているから、そのせいで更新が遅れたのかどうか、

こうして文脈の辿りにくい文章を、読点(、)だけで繋げてダラダラと書くのも気持ち良いものだ、
となぜか思ってしまうのも、大学の専攻が古典文学だったのが原因だろうかなどと思いつつ、

そしていま、この「ダグラスXO」を飲んでいるのかと言われれば、
そうではなくシラフなわけで、
と、ここでセンテンスを終わらせてみる。

意味不明な前置きが長くなったが、
この「ダグラスXO」、1,500円そこそこのブレンデッドのくせして、箱入りですよ、箱入り。
箱入り娘ならぬ、箱入り酒。

しかも、ブランデーかよ!と誰もがツッコミがくなる「XO」という表記。

まぁ、「XO」というのは「Xtra Old」のことなので、「XO醤」とかもあるし、
そもそも英語なので、何もブランデーだけに使うというルールもないわけなので、

だから例えば「XO三味線」とかあっても良いしね。
「うちのかみさんはXOだよ」とかね。
※「XO」は、「すごく古い」=「すごく良い」という意味でもあるので、あしからず。

他の同価格帯のブレンデッドと比べて、
香りと後味が、植物っぽいというかスパイシーというか、つまりすっきり系に若干のクセがあるカンジ。

こういうのはハイボールの刑にしてゴクゴク飲んでやろうかとも思うが、
それもモッタイナイので、いつも通りストレートでちびちびと(なのに、減りが早いという)。

カテゴリの最新記事