PASSPORT SCOTCH

PASSPORT SCOTCH
PASSPORT SCOTCH

例によって、Google検索から拝借してきた画像なのだが、
ボトルの右にあるグラスは、どうみてもモヒートでしょ。

それとも通(ツー)は、スコッチにライムとミント?を入れてストローで飲むのだろうか・・・。

なぜ並んで写っているのかは、謎である。

さて、1月も月1本ペースを守ることができました。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。
だけど、酒量が減ったように感じないのは、なぜだろう。

とにかく、今月もこの一本でしのぐためには、ストレートでちびちびやることが条件となる。

早速、一杯目。

1,000円台のスコッチなので、香りはまったく期待できない。
案の定、これはきつい。ここでギブアップする人もいるだろう。

そっと口に含んでみる。
第一波は、きわめてドライ&スパイシー。

輸入元のサイトには、「ナッツの風味が・・・」とか書いてあったけど、んなもんねえよ!!!( ゚Д゚)㌦ァ!!
むしろ、逆ですな。

ドライ感が以外と長く引きずられて、そのまま前半終了。

そして後半は、不思議なことに、それが、さっと引く。
たとえるならば、アルコール消毒液で手を洗ったときに、瞬時に乾いてなくなる、みたいな。

大人の潔さですかね。
この引き際の良さが、安い割には好感度を上げているような気がします。
そして二杯目が飲みたくなる。

ちなみに、特徴的なこのラベルは、古代ローマの通行証のデザインだとのこと。

何事も、引き際の良さこそ、めでたけれ。

カテゴリの最新記事