映画「スカイライン―征服」

映画「スカイライン―征服」

スカイライン

去年の「第9地区」に続く、エイリアン系B級映画。
何も期待せずに、ビール片手に、宇宙人モノの、B級映画を、一人で観る
・・・最高の週末の夜の過ごし方です、はい。

ゾンビものやエイリアンもの、モンスターものの映画には「文法」がある。
それは、逃げ場のない舞台を設定してあげること

バイオハザードの洋館しかり、エイリアンの宇宙船しかり、ジュラシックパークの島しかり。

これが続編とかになってくると、モンスターが街中に現れたりして、それはまた違う展開を見せるのだけれども、
やはり基本の文法は、この「閉塞感」。

今回の「スカイライン」では、「高級マンション」という今までになかったけれども、
でもちょっと現実味のある舞台を用意し、まずはきっちり基礎文法は押さえる。

そして、「インディペンデンスデイ」「エイリアン」「宇宙戦争」といった、
おそらくこの映画を観る人であれば絶対観てるであろう映画を大胆にサンプリング(?)する。

この、「基礎文法」「パクリ」というのが、実はB級映画になくてはならない要素なわけで、
ここを外してわが道を行こうとすると、逆にC級へと転落することとなるわけデス。

それはさておき、「スカイライン」の話。

全体としては全然褒められた映画ではないのだけれども(個人的には楽しめましたが)、
いくつか感心した点を挙げれば・・・・、

①エイリアンどもが人間の「脳」だけを取り込むという点。
脳を取られて、奴らの脳にそれがセットされる、というのが、生理的な嫌悪感を誘発するには、十分。

②宇宙船が有機的デザインであった点。
爬虫類型エイリアンの難しいところは、「あんたらそんな恰好じゃ、宇宙船操縦できないでしょ?」と思っちゃうこと。
だから、「インディペンデンスデイ」で爬虫類型エイリアンが円盤を操縦してたのは、違和感ありまくりだった。

今回はそこはきっちり修正。
母船も有機的なデザインだし、そこから発進する小型戦闘機は、奴らが操縦しているわけではなく、いわば「空中飛翔型エイリアン」で、
エイリアン自体が飛び回る(おそらく、マトリックスの「イカ」のパクリ)。
その他、地上戦用の大型エイリアンとか、偵察用とか、エイリアンの進化に合わせてなのか、
何パターンかに分けて造形されていたのは、なかなか立派。

まぁでも、あくまでも、おそろしくB級な映画ですので、
観てからの苦情は受けかねます。ご了承ください。

映画カテゴリの最新記事