映画「ジョン・カーター」

映画「ジョン・カーター」
ジョン・カーター

大コケしたとかいう噂の、ディズニー生誕110周年記念作品。

舞台は19世紀ニューヨーク。
火星に飛ばされたジョン・カーターが冒険を繰り広げる、というストーリー。

物語の設定に惹かれ、今週二度目のレイトショーへ足を運ぶ。
そして前回の「バトル・シップ」に続き、主演がテイラー・キッチュだったことに思わず苦笑。
正直それほど魅力的な役者でもなく、今後の活躍は微妙かな…。

映画的には、うーーん、という評価。
各キャラクターの個性と魅力が乏しいのと、ストーリーが単調すぎ。

惑星間を自由に行き来できる、という設定はアリだし、
地球と火星、それぞれにおける状況の違いを描く、みたいなのも斬新なんだけれど、
この物足りなさはなんだろう…。

一応、マジメに突っ込んでおくと、
大気に押しつぶされないような骨格を持つ地球人が、大気の薄い火星に行くと超人的な運動能力を発揮できる、というのがこの映画のポイントなんだけれど、

そんな地球人でも火星に何年も住めば、すっかり筋力も衰えて「火星仕様」になるのは目に見えているわけで、
だから最後に英雄として火星に永住することに決めた主人公は、
数年後には「ただの人」になってしまうのが確実なのだが、果たしてそれでよかったのだろうか。

SF映画に、マジメな心配をしてみる。

映画カテゴリの最新記事