映画「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」

映画「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」

ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル
第一印象は、トム・クルーズも老けたよね、ということ。

「レミーのおいしいレストラン」のブラッド・バード監督ということで期待が大きすぎたせいか、
残念ながらつまらない映画だった。

クレムリン(!)に忍び込む際のCG生成の小道具や、ドバイのホテルでの替え玉作戦など、ちょっとした見どころはあったものの、
ハラハラのアクションを全面に押し出すだけじゃ、いい加減飽きるわけで。

あと、これでもか、というぐらいのBMW押しが少々ウザい。

それにしても、オープニングまでも「007」に似てきたけど、映画としての格は、比べるまでもない。
それぐらい、何をしたかったのかよくわからない映画だった。

映画カテゴリの最新記事