映画「ハングリー・ラビット」

映画「ハングリー・ラビット」

ハングリー・ラビット

原題の「Seeking Justice」というのが、内容ズバリ。

「正義」をうたう謎の犯罪集団と、それに追われる主人公のお話。

クライムサスペンスの醍醐味は、何本にも張り巡らされた伏線と、犯人探し、次々に現れる謎、といったあたりにあるのだろうけれど、この作品には、それがない。

  

次はどうなるんだろう、というドキドキ感と勢いのみ。
でも良く言えば、単純明快で分かりやすい。観ていて疲れないから、こういう作品もアリかな。

なぜか憎めないニコラス・ケイジは適役だけど、
妻役のジャニュアリー・ジョーンズはちょっとイメージと違うかな…。どうもお色気(死語)女優というイメージが払拭できない…。

映画カテゴリの最新記事