映画「スタートレック イントゥ・ダークネス」

映画「スタートレック イントゥ・ダークネス」
スタートレック イントゥ・ダークネス

酔っ払うと映画を観たくなる、という妙な習慣が身についてしまい、
この日も久々に買ったシングルモルトにご機嫌で、

これをスキットルになみなみと容れて、
スタートレック新作の先行レイトショーに臨むこととなった。

レイトーショーは空いてるし、
僕みたいな既に酒臭いおっさんが、ウィスキーをちびちびやりながら観ていても、
まぁ、大丈夫。
昼間だと、そうはいかないが。

映画は、まったくの期待ハズレ。

J・J エイブラハムという監督は、才能があると思うし、
次のスターウォーズシリーズも期待はしているのだが、今回はBad Job。

そもそも、前作から始まった、この新シリーズは、どうも好きになれない。
だったら、そもそも観に行くなよ、という話だが、世の「トレッキー」の方々の意見はいかに。

僕がなぜ「スタートレック」が好きかと言われれば、
割ときちんと科学的な根拠に基づいていることと、あとは何と言ってもエンタープライズ号!

エンタープライズ号は、スターウォーズのミレニアム・ファルコン号と並んで、SF宇宙船のベストデザインなわけで。
あのフォルムを観るだけでも、僕にとっては劇場に足を運ぶ価値はあるのです。

なので、今回は、冒頭で、水中に潜んでいたエンタープライズ号が、
惑星の住人が驚いて見上げる中を、揚々と飛び去っていくシーンが最高で、

あとはもう、ストーリーもよく分からないし、
とてもエンタープライズ号を切り盛りしているとは思えない、クルー建ちの頭の悪さに、(・_・?)って感じで。

極めつけは、最後の方で、エンタープライズ号のコアが停止するシーンがあるのだけれど、
それを再起動させるのに、船長がコア室に突っ込んで、コアを蹴っ飛ばして再起動、って、
そりゃないだろ!って思いますよ、普通。

科学的なことは、割と丁寧に撮ってきたシリーズなのに、
蹴飛ばして再起動という、軽さというかいい加減さは、この映画にとっては、致命傷です。

悪役の、ベネディクト・カンバーバッチは、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気俳優。
ちょっとクセのある顔立ちだけれど、次のジェームス・ボンドはこの人なのかな、とか思ったり。

というわけで、スタートレックシリーズだから楽しめる部分も、あるにはあったけれど、
SF映画として観れば、並以下の作品。

適正価格:1,200円

映画カテゴリの最新記事