映画「プッチーニの愛人」

映画「プッチーニの愛人」
プッチーニの愛人

ヤマ場やストーリー的なうねりもない、ヨーロッパ映画の典型。
たまにはこういう映画も、悪くない。

「西部の娘」作曲中に起きた召使の自殺という、実際のスキャンダルに基づいたお話。

ロケ地に使われたトスカーナの水景色と、
プッチーニ役が奏でるピアノのメロディが美しく、
それだけでも見る価値はある。

酒場の女が歌うカンツォーネと、プッチーニのピアノ。
不思議な対照も、この映画の魅力に一役買っている。

ただ、プッチーニという芸術家に、それほど思い入れのない人が観ると、
単なる女たらしの退屈な映画だと思われてしまうかもしれない。

せっかくなら、トスカーナのワインを片手に鑑賞したかったが、
わが手にあるのは、残念ながら、南アフリカの白だった。

適正価格:1,200円

映画カテゴリの最新記事