映画「ライアー・ハウス」

映画「ライアー・ハウス」
映画「ライアー・ハウス」

 

舞台は、テキサスの砂漠の一軒家。

世間を騒がせている銀行強盗の犯人が、自分の夫に違いないと確信した妻が、
夫を椅子に縛り上げて、盗んだ金の在り処を、女友達と共に聞き出そうとするが、
誤って夫を銃で射殺してしまう。

そこへ警官がやってきて、
死体も隠さなくちゃいけないし、お金も早く見つけたい。

妻とその友人が取った行動とは・・・。

妻役を演じているのは、ジーナ・ガーションで、
たぶん20年ぶりぐらいに御姿を拝見したが、

相変わらずのスタイルの良さと、気の強そうな美貌で、
まさにハマリ役。

ちょっとラテン系な顔出ちなので、
カルメンとかトスカとか似合いそう。

キャリアも長いし、個性派なので、もっと売れてほしい女優の一人かな。

ほぼ家の中だけでストーリーが進行し、
出てくる役者も7人ぐらいなので、

低予算なB級映画の典型なわけだけれど、
脚本はなかなか凝っていて、90分という短めな割には、かなり楽しめる。

殺すか殺されるかの修羅場の中で、ドロドロと明るみになってくる、
女同士の確執や、男女間のもつれ。

映像的にショッキングなシーンもあるにはあるが、
そこに頼るのではなく、あくまでも脚本勝負に出ていて、
それでもって、成功していると思う。

そして、詳しくは書けないけれど、ラストのドンデン返しで、
あーなるほどね、とオチを付けてくれる。

でも、女って怖いよねー、というのが、
最初の率直な感想。

適正価格:1,800円(劇場換算)

映画カテゴリの最新記事