映画「スリー・ビルボード」

映画「スリー・ビルボード」

映画「スリー・ビルボード」

 

この作品のテーマを一言で述べるならば、「正義とは何か」。

自分にとっての正義であることが、他人にとっては真逆のこともある。
果たして、正義とは絶対的なものなのか、それとも相対的なものなのか。

深いテーマを、かといって重すぎず、考えさせてくれるなかなかの佳作だった。

舞台はミズーリ州の片田舎。

娘をレイプ殺人で失った母親が、
道路沿いの3つの広告板に、事件を解決できない警察を批判する広告を掲示する。

それを支持する人と批判する人々、
警察との諍い、別れた夫との確執、人種差別問題など、

広告を巡ってさまざまな人間ドラマが繰り広げられて、
まったく飽きることはない。

この広告をSNSとかに置き替えてももちろん話は成り立つわけだが、
そうせずに、敢えて田舎の「リアルな」看板にしたところがこの作品の良いところ。

描くべきはあくまでも「リアルな」人間関係であって、
そのためには「リアルな」看板がその媒介役となる必要がある。

人間社会の「泥臭さ」について、
シンプルに力強く表現したオススメの映画。

適正価格(劇場換算):2,000円

映画カテゴリの最新記事