映画「ハイヒールを履いた女」

映画「ハイヒールを履いた女」
 映画「ハイヒールを履いた女」

 

2012年の英・独・仏合作のサスペンス映画。

サスペンス要素はそれほど練り込まれたものではないが、
この映画の魅力はドラマ部分。

シャーロット・ランプリング演じる謎の女性と、
彼女を追うガブリエル・バーン演じる刑事。

初老(?)の二人が織りなす恋愛ドラマが何とも哀切で、
とにかくこの映画は、二人の名優の演技で成り立っているといっても過言ではない。

だから今時のドンデン返し系のサスペンスを期待するとガッカリさせられることは間違いないが、
ハラハラ要素のある大人の恋愛ドラマだと割り切れば、
それなりに観ていられる。

ガブリエル・バーンは何となく悪役のイメージが強いのだけれど、
今回は男から見ても惚れるカッコよさ。

全体的にヨーロッパ映画独特の抑制されたトーンになっていて、
過度にではなくしんみりと見るにはちょうど良いだろう。

原題は「I,Anna」で、
主人公のアンナが、劇中でいくつかの偽名を使うことからしても、
このタイトルにはそれなりの意味はあるのだが、

いかにもありきたりな邦題になってしまったのが、
ちょっと残念だ。

適正価格(劇場換算):1,300円

映画カテゴリの最新記事