映画「ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡」

映画「ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡」

映画「ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡」

 

ボリビアの密林を一人で生き抜いた実話を元にしたスリラー。

旅先で出会った3人と、自ら案内役を買って出たカールを合わせた4人が、
密林の奥地へと探検に行くことになる。

意見の相違から、途中で陸路組と水路組の2組に分かれるが、
水路を選んだ主人公たちは急流に呑まれ、
主人公は一人でサバイバルをせざるを得なくなる。

そのサバイバルシーンにおいて、
幻覚を見たり、ジャガーや毒虫に襲われたり、、
というのがこの映画のひとつの見所なのだが、

額のコブを切ると中からヒルがニョロニョロ出てきたり、
全身をアリに刺されて覚醒したり(?)と、

ちょっとグロい&痛いシーンもあるにはある。

結局、水路組のもう一人も下流の住民に助けられていて、
彼が救難に来てハッピーエンド。

あれ?陸路を選んだ、案内役のカールともう一人はどうなったの?ということに対しては、
最後にオチがつく。

実はカールは当局から追われている人間で、
陸路の二人は、結局最後まで見つからなかったそうな。

一応、実話をベースにしているらしく、
エンドロールで4人の写真が流れるのがリアリティを増しているが、

サバイバルの内容がどこまで本当かと言われると、
本人のみが知るところだろう。

特にどうということはない映画なのだけれども、
勢いで最後まで観てしまうという感じかな。

適正価格(劇場換算):1,200円

映画カテゴリの最新記事