久々にハンク・ジョーンズのピアノを

久々にハンク・ジョーンズのピアノを

2月17日にブルーノートで演奏しているみたいだけれども、それに行ったわけではなので、念のため。

六本木けやき坂のTSUTAYAにフラっと寄ってみたら、ベスト盤(?)みたいなのが売っていたので、思わず購入。

CDなんて買うのは、えらく久しぶりだ。

今年で92歳。収録されている曲には古い音源も含まれているのだけれども、比較的最近のものも含まれている。

一般に、芸術家とかアーティストと呼ばれる人たちは、高齢になってもなかなか引退をしたがらない。

ピアニストのアルフレッド・ブレンデルが、若手の育成に力を入れるために現役を引退した、というのは、
珍しい例だろう。

ただ、クラシックのピアニストの場合は、流石に70歳を超えたりすると、技巧的な「粗」が目立ってしまう。
勿論、それと引き換えに、そのピアノ・タッチからは何とも言えない深みが生まれるのものだが、
それにしても往年のファンには、さびしい気持ちが残る。

それに引き換えジャズピアニストの方は、、、と一般化はできないのだけれども、
少なくともこのハンク・ジョーンズのディスクを聴く限りは、

衰えを知らないどころか、むしろその音色・リズムに磨きがかかっているように思う。

収められているのは、「枯葉」「A列車」、ジョビンにディズニー曲など、定番中の定番のものばかり。
しかし「ミスター・スタンダード」と呼ばれる彼には、むしろこの方がふさわしい。

中でも印象的なのは、最後に収められた、ガーシュウィンの名曲「サマー・タイム」のピアノソロ。

5年前に東京で録音されたもののようだが、その繊細なタッチと哀愁さえ漂う
メロディの歌わせ方には、脱帽である。

※追記:これを書いた約3ヶ月後に、他界されたというニュースを耳にしました。ご冥福をお祈りします。

音楽カテゴリの最新記事