ホロヴィッツといえば

ホロヴィッツといえば

ホロヴィッツといえば、僕の中ではショパンでもリストでもラフマニノフでもなく、
やはり彼自身が作曲した、「カルメン変奏曲」

名ピアニスト、ホロヴィッツの十八番中の十八番である。

何かのインタビューで、「あなたはピアニストにならなければ、何になっていましたか?」との質問をされ、
「作曲家だ」と即答していたのを記憶している。

残念ながら、彼の作った曲がどれぐらいあるのか分からないが、
ともかくもこの「カルメン変奏曲」というスゴい曲があれば、十分だろう。

おそらく誰もが一度は耳にしたことがある、あのカルメンの「ジプシーの歌」を元ネタに、
これでもか、といわんばかりの超絶技巧を盛り込んだ4分足らずの小品なのだが、

10代の頃に初めてこの曲を聞いたときの衝撃というか、興奮は、今聞いてもちっとも衰えていない。

日本の古典文学の「本歌取り」や、HipHopの「サンプリング」というのは、
誰もが知っている元ネタをさりげなく利用することで、

その元ネタがもつ背景というか文脈までも、享受する側に感得せしむるのに効果的なのであるけれども

クラシック音楽の世界ではそのようなことはほとんど行われない。

ただ「変奏曲」というジャンルにおいてのみ、堂々とそのような行為が行われる。

この「カルメン変奏曲」が、厳密な意味での変奏曲なのかどうかはさておき、
他の曲ではなく、とりもなおさず”オペラ”を元ネタにしたところが、さすがのホロビッツである。

つまり通常の楽曲ではなく、オペラを元ネタにすることで、
それを聞く側は、そのオペラのストーリーさえも思い浮かべながら楽しむことができるのだ。

情熱の女カルメンとその恋に身を滅ぼすドン・ホセの、まさに狂気とも言える恋愛ドラマが、
このホロビィッツの超絶技巧演奏のサブリミナルとなり、
絶妙なエンターテイメント空間を作り出している。

では、4分足らずの貴重なライブ映像をお楽しみください。

音楽カテゴリの最新記事