譜面について

譜面について

津軽の譜面(コピー)を、今まではクリアファイルに入れていたのだが、
量が増えてきたのと、持ち運びが重いので、別の形にしようと考えた。

西洋楽器では、よくスケッチブックに貼ることが多いので、その方法も考えたのだけれど、
その方法だと、「見開き(2頁)」がひとつの単位となるために、
曲の最初の頁が、見開きの左だったり右だったり、これがまた面倒くさい。

そこで考えたのが、全部の譜面をテープで横につなげ、蛇腹状態にすること。

これなら、3枚で一曲の場合でも、譜めくりすることなく、一覧できるし、
どこから始まろうと、自由自在だ。

だが実はそもそも、僕はあまり、練習に譜面を必要としない。
というのも、まずその曲の第一回目の練習で、暗譜してしまうからだ。

10代の頃に、ピアノ譜やらスコアを暗譜する訓練をしていたので、
単旋律の楽器の譜面を覚えるのが、こんなに楽だとは思わなかった。

それはさておき、プロの演奏家のことを考えてみると、
ロックだろうが、ジャズだろうが、三味線だろうが、ほぼ暗譜である。

クラシックでも、独奏やコンチェルトのソリストなども、みな暗譜である。

しかし、オーケストラだけは、全員譜面を置く。
その理由を考えてみた。

アマチュアならいざ知らず、プロのオケであれば、
各演奏者は、自分のパートを暗譜で弾くことなどたやすいはずだ。

ではなぜ、楽譜を見るのか。

ひとつには、楽譜に書き込まれた解釈要素を見たいから、ということがある。
しかし、プロであれば、その要素も含め暗譜することに、何の問題もない。

そこで僕が考えた理由は、

オーケストラは、譜面を置くことで、みんな平等に同じものを弾いているのですよ

というのを、アピールしているのではないか、ということだ。

ソリストの集合体がオケになるわけではない。
オーケストラは、指揮者という絶対君主の前で、個を捨て、全体に奉仕しなくてはならない。
(誤解を与えるかもしれないが、オーケストラというものが西洋の絶対王政の元で誕生したものである以上、このような性質は免れない)

全員が楽譜を見ることで、指揮者も聴衆も、「ああこの人たちは<約束されたもの>を弾いてるんだ」
という、安心感が生じるわけである。

これはジャズの場合とは全く逆であって、
アドリブを生命線とするジャズにおいて、各演奏者が楽譜を見ながら演奏していたらどうだろう。
それはもはや、ジャズではないし、聴いている側としても不満に違いない。

だから、オーケストラが楽譜を置くのは理解できるのだが、
僕にとって不可解なのは、指揮者と室内楽(三重奏や四重奏など、各パート一人のもの)。

指揮者がスコアを暗譜する、これはマストだと思う。
そもそも暗譜もせずしてその曲を指揮するなど、仕事の半分を放棄しているに等しい。
それができないのであれば、その仕事が向いていないということだ。

室内楽、たとえば弦楽四重奏などは、各パート一人のわけだから、
暗譜で臨んでもよいと思うのだが、これは伝統の呪縛であろうか。
どうか、弦楽四重奏やピアノ五重奏が、全員暗譜であることが普通になってほしい。
その方が演奏にとってプラスであって、マイナスになることは絶対にないと断言できる。

兎にも角にも、楽譜を見ながら練習、演奏することに、何のメリットもないことだけは、強調したい。

音楽カテゴリの最新記事