訃報:シュタルケル氏

訃報:シュタルケル氏

今日知ったのだけれど、先月28日に、
世界的チェリストだったシュタルケル氏が亡くなったらしい。
享年88歳。

ハンガリー出身のシュタルケルの名演をひとつあげるとすれば、
同じくハンガリーの作曲家、コダーイの「無伴奏チェロソナタ」。

というより、僕は、シュタルケルの演奏以外でこの曲を聴いたことがない。
まさにシュタルケルのためにあるような曲である。

ピアノ以外の楽器による無伴奏曲というのは、意外と少なく、
チェロに関していえば、バッハのとこの曲ぐらいだろう。
コダーイのこの曲は、そういう意味でも貴重な曲。

第1・2楽章はかなり重厚であるが、第3楽章はどちらかといえば軽快で、親しみやすい。

ただ、スコルダトゥーラを使用したかなりの難曲であり、
5分20秒あたりからの、超高音のトレモロを弾きながら、左手で低音弦を弾く部分なんかは、鳥肌モノ。

また弾き方がカッコいいんだよね。

こういう個性のある演奏家が次々に他界していくのは、なんとも寂しいかぎりだ。

ご冥福をお祈りしたい。

音楽カテゴリの最新記事