トルシェツキー「ティンパニ協奏曲」

トルシェツキー「ティンパニ協奏曲」

ティンパニ協奏曲って、あまり聴き慣れないけれど、実は何人かの作曲家が作っている。

その中で、このトルシェツキーは驚くなかれ、モーツァルトよりも先輩の、
バリバリ古典派の作曲家である。なんと斬新な。

千葉大のオケによる、日本初演らしい。

ただ、曲は想像していた以上にヒドい。

主役であるティンパニのパートは、ほぼすべて他の楽器が同じメロディを重ねているし、
唯一独奏といえるのは、カデンツァぐらい。

オーケストラパートの出来も、
うん、まぁ、この作曲家が有名になれなかったわけだよね、、、という感じで(´・ω・`)

よく見ると、ホルンがなくてトロンボーンがある。オーボエがいない。
不思議な編成だ。

学生のオケ、楽しそうでうらやましいですね。

音楽カテゴリの最新記事