新宿フィルハーモニー管弦楽団第72回定期演奏会

新宿フィルハーモニー管弦楽団第72回定期演奏会

@新宿文化センター大ホール。

さて、淡々と感想を。

・シベリウス 交響詩「フィンランディア」
この曲を聴くのは、たぶん高校生の時以来かな。
あらためて聴くと、大した曲じゃない。
特に、中間部分で、金管と低音弦がユニゾンで動くあたり、ちょっと苦手。

・グリーグ ピアノ協奏曲
第1、2楽章は名曲のレベルだと思うんだけど、
フィナーレが全部ぶち壊してるよね、もったいない。

ピアノの石岡千弘さんは、
聴いているだけで腕の筋肉が疲れそうなこの曲を、
女性なのに力強く弾いていて、立派。

ただちょっと、高音のタッチに抑制が欲しかったのと、
致命的だったのは、ソロの最終音とオケのトゥッティの頭が重なる部分が、
ことごとくズレていたこと。

これは明らかに、指揮者が悪い。
てか、コンチェルトなんて指揮者の仕事はそれぐらいしかないんだから、
これは職務遂行に問題アリでしょ。

ソロの終わり部分は、ソリストとアイコンタクトとって、
緊張感もってオケを導かないとね。

・ラフマニノフ 交響曲第2番
なぜメインも北欧作曲家にしなかったのか、謎。
イタリアン食べにいったら、パスタの次にとんかつが出てきたでござる、という感覚。

予定が詰まっていたのと、体調が悪かったので、
実はこの曲の演奏は聴けなかった。

プロと違って、アマオケは色々とツッコミどころがあるのだけれど(勿論ない場合もある)、
それがまた音楽を聴く耳を鍛えてくれるので、
今後も時間が許す限り、足を運びたい。

音楽カテゴリの最新記事