オーケストラ・ルゼル 第15回演奏会(@すみだトリフォニーホール)

オーケストラ・ルゼル 第15回演奏会(@すみだトリフォニーホール)
オーケストラ・ルゼル 第15回演奏会

 

サン・サーンスの「オルガン付き」は、いつかLiveで聴いてみたいと思っていたのだけれど、
遂に実現した!!

オーケストラ曲の中で、オルガンやピアノが使われている例はたくさんあるのだけれども、
大抵が「キワモノ」的な扱いで、
この曲みたいに、控えめで、美しく、かつ効果的に使われている例は、非常に少ない。

まして、シンフォニーというジャンルであれば、唯一無二の存在といってもいいだろう。

あらためて聴いてみると、神々しさというか格調の高さが再認識できて、
僕個人としては、ロマン派音楽の名曲中の名曲だと思っている。

特に、第一楽章第二部の、オルガンの奏でるハーモニーの上に、
弦の美しい旋律が絡んでくるアダージョは、
まさに天上の音楽。

普段は、バッハやチャイコフスキーが好きでも、
やはり、サン・サーンスとかフォーレの、
上質な絹織物のような音楽は、必要なんだと痛感した。

ちなみにこの曲は、実はオルガンだけではなく、ピアノの使い方も秀逸だと思う。
しかも連弾というのが、粋ではないか!

さて、演奏の方であるが、
弦、特に中低音弦の、パワー不足が顕著だったように思う。

例えば、この日の2曲目の、ラヴェルのワルツみたいな曲は、
音量でメリハリを付けられないのなら、なおさらリズムでメリハリを付けるしかないのだけれど、
それも甘い。

だから、それぞれのパートが勝手に弾いて、音のごった煮のようになっていた気がした。

もっと強烈なリズム意識でアンサンブルをまとめないと、この曲は難しいと思う。
シュトラウスのワルツとは違うからね。

逆に、メインのサン・サーンスは、このオケの弱点が目立たない選曲だったのではないか。

でもブラームスとかチャイコあたりは厳しそうだな、、というのが正直な印象。

なので、今回「オルガン付き」を聴けたのは、ある意味ラッキーだった。

音楽カテゴリの最新記事