三味線の駒の位置

三味線の駒の位置

西洋のヴァイオリン族の弦楽器と違って、
三味線の駒の位置は固定されていない。

が一応、音緒から指の太さ2~3本分あける、というのが目安とされている。

自分が今の三味線を作ってもらったときは、
まだ野外のイベントで弾くことが多かったのと、

イヌの皮の問題(これは根が深い)があれこれ気になっていたのとで、
本皮に限りなく近い音色が出せる合皮を張ることにした。

合皮だからそれほど劣化することはないだろうとは思っていたが、
さすがに最近、どうも鳴りが悪くなってきた。

であれば、即皮を張り替えればよいだけなのだが、
いろいろと余裕がないため、
駒の位置で誤魔化すことにした。

そう、駒の位置を通常よりも棹側(音緒と反対側)に移動させることで、
三味線は鳴るようになるのだ。

もちろん、撥が駒に当たりやすくなるとか、
見る人が見れば、あぁ皮が劣化してるのね、と分かってしまうリスクはあるが。

こんな感じ↓

 

三味線の駒

音緒から指4~5本分といったところか。

驚くほど鳴るようになったので、しばらくはこれで様子を見たいと思う。

音楽カテゴリの最新記事