類に稀を見る

類に稀を見る

いつものスーパーで、安ワインでも買おうと思い、
目についた白ワインの説明札を見たら、赤太字でこんなことが書いてあった。

「類に稀を見るハイコストパフォーマンスワインです」

結局480円(笑)で買って、居酒屋の3000円のワインぐらいの味はしてたので、
まぁ「ハイコストパフォーマンス」には違いないが、
問題はそこではなく、「類に稀を見る」の部分。

うーーん、、、初めて見るし、気持ち悪い言葉だ。

意味としては、「他に類(るい)を見ない」「類稀(たぐいまれ)である」ということなのだろうけれど、

「類を稀に見る」なら、まだ分かる。

「類に稀を見る」だもんなぁ。

漢文的な響きがするけれど、もしそのように読み下した例があるなら、
それは間違いなんじゃないかと思う。

万が一、漢文の原文があるのだとすれば、

類見稀。

と書かれていたのだろう。

これを読みくだすのであれば、

「類ヲ見ルコト稀ナリ」

でしょ、普通。

ここは素直に、

「たぐいまれなハイコストパフォーマンスワイン」

とすればよかったのに。

ちなみに、「ハイコストパフォーマンス」という言葉も、
意味は分かるが、ちとヘンかも。。

「ハイ」が「コスト」にかかるのか、「パフォーマンス」にかかるのかが、分からない。
もちろん後者だということは、値札を見れば分かるのですが。

雑記カテゴリの最新記事