宗教と顔

宗教と顔

キリスト教といえば、ローマ法王。

仏教といえば、ダライ・ラマ。

この二人は、それぞれの宗教の一部を代表しているにすぎないのだが、
しかし、特に非信仰者にしてみれば、
それぞれの宗教の「顔」になっているのは事実だ。

だが、イスラム教にはそれがない。

本来はカリフというイスラム教の最高権威がいるはずなのだが、
廃止になってかなり長い時間が経つ。
(イスラム国はカリフを擁立しているが、国際的に承認されていない。)

別に実在の「人」に限らない。

仏教でいえれば、ブッダや仏像の顔が思い浮かぶし、
キリストや聖母の顔を思い描くのは、誰にでも容易なはずだ。

けれどもイスラム教は、徹底した偶像崇拝のせいもあり、
人以外の「顔」も、思い浮かべることができないのである。

その結果、大部分の人のイスラム教に対するイメージは、
不可解、謎、怖い、という、負のスパイラルに入ってしまっている気がする。

人間が、「分からない」というものに対して、
本能的に警戒心を抱いてしまうせいだろう。

何が言いたいかというと、宗教においては、
顔や姿、つまり人型の象徴が必要なのではないのだろうか、ということ。

宗教というのは、ある意味閉鎖的なため、
信者に対しては篤くフォローするが、「非信者からどのようにみられているか」ということに関しては、
おろそかになることが多いのではないだろうか。

イスラム教の「顔」が見えないことについても、
信者にはそんなことは重要ではなく、教義さえあればよいのかもしれない。

ただ、非イスラムの人間からすると、
それは、「分からない」のである。
「分からない」ものに、警戒してしまうのはやむを得ない。

どちらが良いとか悪いという問題ではなく、
そこに相互理解のための根源的な溝があるということだ。
(特にそれを悲観的に解釈する必要もないし、乗り越えるべきだ。)

6世紀に、我が国に百済から正式に仏教が伝来したとき、
欽明天皇のもとに届けられたのは、経典と黄金に輝く仏像だった。

それまでの日本には、自然信仰のようなものはあったが、
そこに用いるアイテムは、極端に少なかった。

ましてや人型のアイテムともなると、
土偶や埴輪ぐらいのものである。

そこへ、精巧で柔和な顔をし、金色に輝く仏様がやってきたわけである。

そのときの天皇周辺の者たちの驚きは、
想像を絶するものだったに違いない。

そして瞬く間に仏教は日本人の心をとらえ、
国家宗教となり、仏像が量産されていくのである。

宗教に顔が必要というのは、
平たく言ってしまえば、広報やプロモーションが大事だということである。

理解されているうちはまだよいが、
非信仰者の理解が不能になったとき、
事態が一気にマイナスの方へ進んでしまうことだけは、避けたい。

雑記カテゴリの最新記事