生命はどのように誕生したか

生命はどのように誕生したか

生命はどのように誕生したのか、という、
科学にとって極めて根源的な疑問について、
未だに納得のゆく答えは出ていない。

古くから有力な説は、
原始地球に落雷などを契機とした何らかの科学反応によって
有機物が誕生した、という説だけれど、

それなら実験室で再現できそうなものなのに、
誰一人として成功していない。

最近、どこぞの科学者が隕石の中に生命痕を発見したというニュースがあった。

興味深かったのは、それが発見されたということ自体よりも、
依然として科学界では、「地球外生命」に対する反対意見が多いということ。

地球外生命といって、それが即、地球外知的生命体の存在を意味するわけではない。

フレッド・ホイルとウィクラマシンゲの、生命は宇宙から来た、という学説は、
かつてセンセーショナルを起こしたものだけれど、
学界の大半からは無視された。

しかしながら、

・生命を生成する方法は未だ解明されていない
・過酷な宇宙空間でも、一部の生命は生存できることが実証されている
・原始地球は、地球外物体(隕石)の爆撃にさらされていた

ということを考えると、最初の生命が宇宙から来たというのは、
それほど突拍子もないことではないと、思う。

天文学者というのは、実はかなり保守的なので、
地球外の系、あるいは太陽系外の系という単位でモノを考えるのを
非常に嫌う。

そういう意味では、天動説の呪縛から、未だに解き放たれてはいない。

科学カテゴリの最新記事