ニコラ・テスラとエネルギー

ニコラ・テスラとエネルギー

最近、ニューヨーク州のロングアイランドに、ニコラ・テスラの銅像が立てられたという話を聞いた。

エジソンが正統な発明家として見られるのに対し、
テスラの方は、「異端の発明家」とされることが多いが、
彼の科学への寄与には、軽視できないものがある。

真偽のほどは分からないが、テスラの研究のひとつに、
「地球の自転を利用したエネルギー」というものがあったという。

なるほど、地球はそれ自体が巨大なコイルであるとみなすことができる。
(それゆえ、磁場が発生している)

であれば、そこからエネルギーを取り出すことは、理論的には不可能ではないように思われる。

太陽光発電や地熱発電、風力発電など、地球の惑星規模の活動に目を向ければ、
まだまだエネルギーとして活用できるものがありそうな気がしている。

雷、台風、地震、火山噴火、津波、潮汐力、プレートテクトニクス、重力・・・etc.

これらが、瞬間的にでも莫大なエネルギーを保持していることは明らかなのだが、
問題は、予測できないことと蓄積できないこと。

いや、おそらくできるのだが、コストがかかりすぎる、というのが本音だろう。
つまり得られる価値よりも、そのために消費する価値の方が、大きすぎる。
payしない、というわけだ。

このブログでも常々書いているように、
現代科学が総力を持って取り組むべきは、エネルギー問題である。

はっきり言って、原子力発電は、理論的には、「もう古い」。

今こそ新しいエネルギー理論を生み出さねばならないのだが、
おそらくその障害の最たるものは、予算がつかないことだろう。

政府としては、原発の方がカネになる。
だから、成功の保証もない、そんな新しいプロジェクトなんかに予算はつけられない。

エネルギー問題が、純粋な科学ではなく、「ビジネス」と化してしまっているのは、
ただただ、嘆かわしい限りである。

ニコラ・テスラのように、全身全霊で発明に取り組み、社会に貢献できるような人は、
もはや現れないのだろうか。

科学カテゴリの最新記事