オカルト

「古生物学者、妖怪を掘る―鵺の正体、鬼の真実 」(荻野 慎諧)

  あんまりこのブログで悪口を書くと、 あいつは性格が悪い、などと思われても困るので、 最低限揚げ足取りみたいなことは避けようと心掛けてはいるのだが、 でも、この本にはひとこと言いたい。 自分は科学者であると言い、そして「妖怪古生物学」なるものを標榜しておきながら、 あとがきにおいて、「これはフィクションである」と予防線を張ることが、 情けなさすぎる。 自分の説に自信がないのであれば、 […]