スコッチ

1/4ページ
大山 特別純米酒

GREAT GLEN

安ウィスキーもだいぶ飲み尽くした感があり、 そろそろ国産に手を出すかな、、と思っていたところ、目に付いたのが、 このグレートグレン。 むむ、初めて見るが、ラベルにははっきりと「シングルモルト」と書いてあるではないか。 1,000円台でシングルモルトが飲めるなんてラッキーだけれど、 とはいえ、だったら同じ金額で国産のブレンデッドを買った方が無難なのでは、、 と、若干躊躇しつつも、購入してみた。 結果 […]

大山 特別純米酒

DOUGLAS XO

いつも行かない酒屋の前を通ったら、 中から何かに呼ばれた気がしたので、フラっと入ったら 見たことのないスコッチがあったので迷わず購入。 酒の記事を書くのは久しぶり(?)な気もするけど、 決してペースが落ちたわけではなく、むしろ加速、 いつもは新しい銘柄を買ったらすぐにここに書くのだが、 今回は既に残り3分の1になっているから、そのせいで更新が遅れたのかどうか、 こうして文脈の辿りにくい文章を、読点 […]

大山 特別純米酒

THE FAMOUS GROUSE

ラベルの鳥は、スコットランドの国鳥である雷鳥(grouse)。 国鳥の名前を付けるという、珍しいこのウィスキーは、英国王室御用達で、 いつの頃からか、「あの有名なグラウス」(THE FAMOUS GROUSE)と呼ばれるようになったとか。 味は、グレーンが強いのか、かなり濃厚で甘い。 ブランデーの雰囲気に近く、ロックで飲むのが無難かもしれない。 ところで、「雷鳥」は英語で「grouse」だというこ […]

大山 特別純米酒

CUTTY SARK STORM

お手軽ウィスキーの代表格ともいえる「カティサーク」の上位モデル(?)ともいうべき、 「カティサーク ストーム」。 画像の説明文にもあるとおり、 マッカランやハイランドパーク、グレンロセスなどのウィスキーがブレンドされているという。 香りは普通だが、味は極めてまろやかで、 ウィスキー初心者の人にも、オススメできる。 (逆にいえば、これを飲んでマズい、と思ったら、ウィスキーはやめた方がいい) 価格は1 […]

大山 特別純米酒

INVER HOUSE GREEN PLAID

久々に、1,000円未満のウィスキーに戻ってきやした。 この価格帯の酒に対して、マズいだの個性がないだの、悪態をつくのはやめにした! 逆に、良いところを見つけて褒めるのです。 安い酒は、褒められて伸びるのです! ・・・と、やや自虐的な気持ちになりながら、一口。 予想通り、深みがなくて香りも薄く、これといって特徴のない・・・・、ではなく、、、 軽快な舌触りで、さらりとして飲みやすく、臭みもなく、シン […]

大山 特別純米酒

PASSPORT SCOTCH

例によって、Google検索から拝借してきた画像なのだが、 ボトルの右にあるグラスは、どうみてもモヒートでしょ。 それとも通(ツー)は、スコッチにライムとミント?を入れてストローで飲むのだろうか・・・。 なぜ並んで写っているのかは、謎である。 さて、1月も月1本ペースを守ることができました。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 だけど、酒量が減ったように感じないのは、なぜだろう。 とにかく、今月もこの一本でしの […]

大山 特別純米酒

FORT WILLIAM

2014年は、体と財布の健康を考えて、 1か月で飲むウィスキーは、2本まで、もしくは5,000円以内 にすることを、ここに宣言いたします。 このブログを書いていてよかったと思うのは、同じ酒をまとめ買いすることがなくなったこと。 つまり、5,000円以内ならブラックニッカなら5本買えるじゃん!みたいな、 不健全な発想がなくなるわけです。 安ウィスキーを求める「巡礼の旅」は、来年も続きます。 さて、今 […]

大山 特別純米酒

シーバスリーガル ミズナラ スペシャル・エディション

日本の向けに特別に作られた、日本限定発売のシーバスリーガル。 ミズナラの樽で寝かしたのが特徴とか。 普段の安ウィスキー3本分ぐらいの値段ですが、 前から気になっていたこともあり、清水のステージから飛び降りるつもりで買いましたよ! ついでに、ストレートで飲むためのテイスティンググラスも一緒に購入。 ウィスキーにしては珍しく、爽やかなライトブルーをベースとしたラベル。 胸を躍らせながら、テイスティング […]

大山 特別純米酒

VAT69

スコッチウィスキーにしては、珍しいロゴフォントを使用。 味は、いわゆる「安ブレンデッド」ではなく、シングルモルトのような、あの主張というか臭みがある。 なので、僕の中では、当たりの1本。 調べたところによると、作り手が100通りぐらいのブレンドを試し、 一番評判がよかったのが69番目のもので、それでこのブランド名になったとか。 これは是非ともストレートで味わいたいのだが、 普段使っている、口の狭い […]

1 4