山種美術館

「ボストン美術館 浮世絵名品展」(@山種美術館)

美術館で美女探し、なんて書くと何とも不埒なように聞こえるけれども、これは美人画の話。 2-3年前に福岡の美術館で、同じくボストン美術館展を見たときとは違って、 今回の来日はかなりこじんまりとしたもの。 折角の江戸への里帰りなのに、かつてと比べて、 大分放射線の量が多くなっていることが、何とも申し訳ない。 それはさておき、今回の構成は、清長・歌麿・写楽+αというもので、 特に清長の作品をまとめて見る […]

「江戸絵画への視点 展」(@山種美術館)

相変わらず、抱一の構成力と描画力には感嘆するしかない。 けれど今回は、日本画鑑賞の限界を感じてしまった。 自分でも認めたくないネガティブな内容なので、手短に。 西洋画と日本画の決定的な差は、日本の高温多湿な気候ゆえに、それと顔料の違いももちろんあるだろうが、 その保存状態がおそろしく違うということ。 西洋画はルネサンス期の絵画でも鮮明な色のまま現存するが、日本画は江戸後期のものであっても、大部分は […]