文学

1/10ページ

「中国名詩集」(井波 律子)

  同じく井波律子さんの「中国名言集 一日一言」とペアになるような本。 名詩と呼ばれるものから、マイナーな作品まで、 唐代以降の詩人82人の137首を、ジャンル別に紹介したアンソロジーとなっている。 漢詩の鑑賞というのは、 まず白文を眺めてだいたいの意味を掴み、次に読み下し文でリズムを味わい、 そして注釈を読み、さらに現代語訳で細かな意味を理解し、 再度読み下し文に戻って、意味を分かった […]

「地獄の思想―日本精神の一系譜」(梅原 猛)

梅原猛というと、何かと物議を醸してきた印象があるけど。 この本の前半では、仏教において地獄をどのように解釈しているか、 そして後半では、日本文学の中に地獄がどのように表れているか、 が書かれている。 後半で採り上げられているのは、 『源氏物語』、『平家物語』、世阿弥、近松、宮沢賢治、太宰治。 うーーん、どれも単なる評論になっていて、 「地獄の思想」の解説にはなっていない、というのが正直な感想かな。 […]

「澁澤龍彦の記憶」(巖谷國士、養老孟司 他)

  僕の10代の頃の読書の対象といえば、 漱石や川端のような純文学がある一方で、 夢野久作や、そしてこの澁澤龍彦のような、 ある意味「異端」なものもあった。 まさに現代のプリニウスとも呼ぶべき、 古今東西のあらゆる事象に向けて好奇の眼を向ける澁澤作品。 なかでもやはり、最後の小説となった「高丘親王航海記」は、 純文学とか異端文学とかいう垣根を超えた(内容的には純文学であるが)、 奇跡的な […]

「仮名手本忠臣蔵」(上村 以和於)

  「忠臣蔵論」というとあまりにも広すぎるが、 あくまでも「仮名手本忠臣蔵」をベースに、 歌舞伎や浄瑠璃、あるいは数々の外伝、 そしてそこから派生した現代の小説等を比較分析し、 「仮名手本忠臣蔵」の世界を立体的に浮かび上がらせた評論。 いま「立体的」と言ったが、 「仮名手本忠臣蔵」は文学であると同時に、 文楽や歌舞伎といった3次元芸術を前提としたものであり、 また描かれた世界も、徳川と足 […]

「光速者」(埴谷 雄高)

  僕にとって2冊めの埴谷雄高体験。 一応、宇宙に関係のある著作を集めたものらしかったので、 これなら自分にも理解できるかも、、と思ったけど甘かった。 全体的に文章の抽象度が高く、 文学部出身のくせに、こういう香り高い(?)文学とは無縁で過ごしてきた自分には、 ちと理解に及ばない部分が多々ありすぎる。 でも、地球を超え、銀河を超え、 お隣のアンドロメダ銀河と我々の銀河との関係に思いを馳せ […]

「中国名言集 一日一言」(井波 律子)

  十代の頃から古文・漢文が好きで、 大学もその道に進んだ。 好きなのは今も変わらないが、 何に惹かれるのかを考えてみると、 ひとつには音律の美しさ。 現代文にはない、韻文的な魅力がある。 でも何よりも大きいのは、その内容の深さだろう。 どちらが良いとか悪いとかではなく、 あきらかに古代人は現代人よりも、人生について考察していた。 現代ならばググれば一瞬で済むことを、 昔の人は何日も何年 […]

「エロい昔ばなし研究」(下川 耿史)

  「エロい昔ばなし」というタイトルは、キャッチーではあるがややズレていて、 厳密には、「日本の文芸・文学作品にみられる性愛表現」とでもいおうか。 要するに、「浦島太郎」や「桃太郎」といったいわゆる「昔話」を、 エロ視点で捉えた、というわけではない。 内容は予想通りで特に驚くほどのことはないが、 今まで古典など見向きもしなかったような学生とかが、 これを機に(?)少しでも興味を持てるよう […]

「大伴家持」(藤井 一二)

  歌人ではなく、 政治家(官僚)としての家持に焦点を当てた本。 編年体で記されており、 何年に何をして、どんな歌を詠んだかということに、 さらりと触れていくスタイル。 家持が編纂に関わったとされる万葉集についても、 わずか7ページほどしか割かれておらず、 歌人としての家持を好きな人が読むと、 ちょっとがっかりする内容かもしれない。 でもまぁ、 長屋王の変とか、恵美押勝の乱とか、道鏡とか […]

「日本詩人選15 京極為兼」(土岐 善麿)

  藤原定家の息子に藤原為家がいて、 その3人の息子、為氏・為教・為相が、 それぞれ、二条家・京極家・冷泉家を名乗るようになり、 為兼は、上記為教の嫡男である。 藤原家の歌人といえば、かつて定家が、 「紅旗征戎吾ガ事ニ非ズ」 という立場で、政治の表舞台からは一歩退いていた印象が強いが、 為兼は、上記藤原三家のドロドロとした争いに加え、 持明院統、大覚寺統の天皇家の対立や、鎌倉幕府との調整 […]

「日本詩人選12 源実朝」(吉本 隆明)

  実朝という歌人に特に思い入れがあるわけではないが、 久々に吉本隆明が読みたくなり、 ちょうど古本屋で見かけたので即購入した。 ページの中ほどに、 美術館のチケットがしおり替わりに挟まっている。 国立西洋美術館の「ゴヤ展」。 日付スタンプを見ると、「46.12.7」とある。 さすがに1946年ということはないので、昭和46年であろうが、 それでも僕が生まれるより前である。 40年以上ぶ […]

1 10