言語

1/3ページ

「広辞苑先生、語源をさぐる」(新村 出)

  『広辞苑』の編纂者として有名な新村出先生の、語源に関するエッセイ。 エッセイといってもかなり専門性の高い内容も含んでおり、 かといってガチガチに語源だけを取り上げるのでもなく、 文学や周辺の文化など、 著者の広い知識と教養を存分に味わえる内容となっており、 「語源趣味談」という本人にによるネーミングがまさにふさわしい。 個人的に特に興味深かったのは「浪雲」という言葉についてで、 なん […]

「語源随筆・江戸のかたきを長崎で」(楳垣 実)

  「語源随筆」というのは、ズルくもあるが上手いネーミングで、 語源のようななかなか結論を断定できないものを、 学術論文風に書いても、それの正否は心もとないから、 だったらエッセイ風に気楽に語ってみよう、 というのがこの本のコンセプトなのだと思う。 元より正しい結論を出すことに主眼をおいていないから、 その分、脱線しつつ、あんな説やこんな説が紹介できるし、 読んでる側としては、それが楽し […]

「日本の言の葉」(林 巨樹)

家族間での呼び名といった身近な問題から、 古語の助動詞「む」の読み方や音便といった、やや専門的な事柄まで、 国語に関する諸問題を集めたエッセイ。 その他、外来語、送り仮名、辞書、語源、慣用句、仮名遣いなど、 日常使ってはいるものの、ほとんど気に留めないような内容に、 鋭い考察を加えていて、かなり読み応えがある。 この本の中で特に力点を置いて語られているのは、 日本語には、「やまとことば」「漢語」「 […]

「古語と現代語のあいだ」(白石 良夫)

  副題には「ミッシングリンクを紐解く」とある。 「ミッシングリンク」という語は、一時期、考古人類学などで盛んに用いられていたもので、 「失われたつながり」、例えば、 「ホモ・ハビリスとホモ・エレクトゥスとのミッシングリンク」 のように、 AからBへのと進化を表す、「未発見の中間状態の化石」 のことを表す。 だから、「現代語と古語のミッシングリンク」といえば、 たとえば、「かなし」という […]

「日本文法体系」(藤井 貞和)

  僕が大学で古典文学を学ぼうと思ったのは、 作品が、というよりも、とにかく文法が好きだったから。 苦にする受験生が多かった活用や接続なども覚えようとするまでもなく自然と身に着いたし、 いまだに古語辞典は、枕頭から離したくない存在でもある。 だからいまこうして、あらためて古典文法の本を読むと、 何をいまさら、という気持ちよりも、 懐かしい場所に帰ってきたというか、日々の仕事からの現実逃避 […]

「大漢和辞典」(諸橋 轍次)

ついに、というか、やっと、というか、 念願の「諸橋大漢和」を購入した。 縮刷版ではあるが、長野の古本屋で1万円を切っていたから、 これはお買い得(なハズ)。 (ちなみに、大修館書店のHPを見ると、正規版の定価は24万円) 全13巻。 1冊が通常の辞書ぐらいのものがこれだけ本棚に並ぶと、 なかなか壮観でもある。 個人的には、「漢字」というのは歴史上の発明のベスト10に入ると思っていて、 その漢字につ […]

「術語集-気になることば」(中村 雄二郎)

  40のキーワードについて、哲学的な解説を加えた本。 30年以上も前の本なので、ワードの選定が若干古い気もするが、 一部を紹介すると、 アイデンティティ、遊び、エロス、エントロピー、神話、パトス、都市、パラダイム、弁証法、暴力、レトリック・・・ といった塩梅である。 択ばれた用語だけでも十分に難しいが、 本文もなかなか厄介で、 哲学者の書く文章というのは、やはり僕の手には負えない。 正 […]

「日本語の個性」(外山 滋比古)

  どうもタイトルに「日本語」という文字が入った本は、 目に付くと買ってしまう傾向にあるらしい。 いかにも外山滋比古らしい、言語に関するエッセイ集なのだけれども、 いつ読んでも、思わず頷いてしまう箇所が多い。 例えば、第二次大戦後のイギリスのこととして紹介されているエピソード。 イギリスは戦勝国であったが、経済的には苦しく、 とにかく輸出優先主義に傾かざるを得なくなった。 そんな中、議会 […]

「日本語の化学」(岩松 研吉郎)

  タイトルはおカタいが、中身はフニャフニャの本。 著者が街中で耳にした若者を会話を、設問形式で紹介する、 という体をなしているわけだけれども、 その紹介されている内容が、胡散臭いというか、眉唾というか、 結構キワモノで、内容そのものよりも、 著者と自分の言語感覚(?)の違いを楽しむという結果になった。 たとえば、山手線の中での女子高生2人の会話、として紹介されている下記の例、 「今日も […]

「羽田も、台湾も、京急で。」

駅に貼ってあったこのポスター。 思わず足を止めて見入ってしまった。 うまい。キャッチコピーがうまい。 京急は電車だから、羽田には行くけれども台湾には行けるはずがない。 台湾に行くのは、羽田から出ている飛行機である。 つまり、正しく表現すれば、 出発地→→(京急)→→羽田→→(飛行機)→→台湾 であるところを、 「羽田も、台湾も、京急で。」 と表現することで、ギリギリのラインで簡潔に意味を伝えている […]

1 3