音楽

5/5ページ

「大作曲家たちの履歴書・下」(三枝成彰)

前回紹介した上巻に引き続き、こちらが下巻。 僕の性格の問題か、上・下本だと、上巻を読み終わると下巻を読むのがえらく面倒臭くなるものだが、 今回はそんなことはなかった。 面白さは失速することなく、下巻も読みごたえ十分。 下巻で採り上げられている作曲家は以下の通り。 ヴェルディ ブラームスト チャイコフスキー フォーレ プッチーニ マーラー ドビュッシー R・シュトラウス シェーンベルク ストラヴィン […]

「大作曲家たちの履歴書・上」(三枝成彰)

評論家が書く作曲家伝なんかは、 ちっとも面白くないが、作曲家が書く作曲家伝は 面白いということに気付かせてくれたのが、この本。 上巻ではバロックから後期ロマン派までの10人の作曲家を採り上げている。 バッハ モーツァルト ベートーヴェン シューベルト ベルリオーズ メンデルスゾーン ショパン シューマン リスト ワーグナー 意外にも、シューベルトやベルリオーズなどは、日本ではあまり逸話を耳にする機 […]

『音楽機械論』(吉本隆明×坂本龍一)

”行為”という視点に立つと、おそらく人間は2つのタイプに分類される。 ①ボトムアップ型 与えられた事象から、その意味することを汲み取り、抽象化を行い、意味付けを行う。 五感からのインプットを脳に伝えるタイプ。 ②トップダウン型 脳で思ったこと、感じたことを、事象として表現を行う。 脳からのアウトプットを何らかの形で行うタイプ。 つまり、野球評論家は①であり、野球選手は②。 天文学者は①であり、宇宙 […]

1 5