SF

2/7ページ
  • 2017.08.24
  • ,

映画「パッセンジャー」

  アン・ハサウェイ主演のサスペンスの方は、「パッセンジャーズ」(原題:Passengers)、 こちらは、「パッセンジャー」(原題:Passenger)。 紛らわしい。 恋愛要素を前面に出したSFなんて、 おでんにケチャップをかけるようなものだぜ(意味不明)と、 ハナから酷評してやろうと思っていたのだが、 これが意外と、なかなか楽しめる作品だった。 以下、新作にもかかわらず、無慈悲にも […]

  • 2017.08.12
  • ,

映画「フォース・プラネット」

  火星がテーマという点からしても、 宇宙船でトラブルが発生し、ひとりぼっちになるという点からしても、 すでにこのブログでもいくつか紹介しているとおり、 似た作品を挙げたらキリがない。 それでも敢えてこれを観てみようと思ったのは、 主演がマーク・ストロングだから。 カッコいいですよね。 今やジェイソン・ステイサムと並ぶ、全国のハ○の希望・羨望の的です。 インテリっぽさと、ちょっとした気難 […]

  • 2017.04.30
  • ,

映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

  結論からいうと、SF作品としては並、 スター・ウォーズシリーズとしてはヒドイ出来。 序盤は、いろんな名前が次々出てきて、それ誰だっけ?状態だし、 場面も次々切り替わってよく分からない。 デス・スターを完成させるというのがメインストーリーなのだけれど、 その過程があまりにも省略されているし、 このシリーズには不可欠なインパクトの強い悪役も不在。 何と言っても、知ってるキャラクターが全く […]

  • 2016.09.14
  • ,

映画「インタープラネット」

  近所のTSUTAYAでずっと貸出中だったものだから、 SF好きとしては、何としてでも見たかった。 そして先日、ついにそのチャンスはやってきた! もちろん「まともな」期待などはしていない。 あくまでも、あっぱれなB級映画として楽しませて欲しい、 そんな期待に小躍りしながら再生を開始したわけだが・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・ ちがう、これはB級映 […]

  • 2016.07.10
  • ,

映画「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」

  ちなみに、「リサージェンス(resurgence)」というのは、「復活」って意味。 要するに20年前のエイリアンがリベンジに来て、さぁ大変、というお話。 いきなりダメ出しで申し訳ないのだが、 この「さぁ大変」の部分が、イマイチ描ききれていない。 「2012」を彷彿とさせるようなド派手な映像は盛りだくさんなのだけれど、 前作のような、朝起きて、ウィル・スミスが空を見上げると、 巨大円盤 […]

  • 2016.02.08
  • ,

映画「オデッセイ」

  何といっても、サー・リドリー・スコットの作品なので、 また「プロメテウス」のときのように騙されるのかと秘かに期待していたが、 今回、「アレ」は出てこないので、念のため。 NASAの火星探査チームが、任務中に大嵐に見舞われてしまい脱出をするが、 その際に、マット・デイモン扮する主人公がアクシデントに見舞われ、 火星に置き去りにされてしまう。 誰もが彼は死んだと思っていたが、実は生きてい […]

  • 2015.12.26
  • ,

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

  何とか年内に観れて良かった、「妖怪ウォッ・・・」いや、「スター・ウォーズ」。 ちょうどドンピシャなおっさん世代なので、 エピソード1~6は、計30回以上は確実に観ていると思う。 当然期待値は高かったし、 ある程度のマイナスなら許せる!ぐらいの気持ちで臨んだのだけど。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 […]

  • 2015.10.12
  • ,

映画「メランコリア」

  地球滅亡、というのは今やゾンビと並ぶ映画の人気テーマであるが、 ・危機を回避してハッピーエンドとなるもの ・文字通り地球が「滅亡」してしまうもの の二つに分類される。 これはおそらく、聖書にある「最後の審判」を、 新たなる世界の始まりととらえるのか、それとも世界の終焉と考えるかの解釈の違いが、 西洋人の根底にあるからではないのだろうか。 ただ当然ながら、当然ながら映画というエンターテ […]

  • 2015.08.11
  • ,

映画「ジュラシック・ワールド IMAX 3D版」

(僕も含め)大人も子供も、なぜ恐竜が大好きなのか。 ・とにかく巨大なこと。 ・種類が豊富なこと。 ・デザインに富んでいること。 ・すでに絶滅してしまっていること。 ・強い(凶暴)存在であること。 これぐらい挙げれば十分だろう。 上記のうちで、「すでに絶滅してしまっていること」というのが、実はポイントである。 我々哺乳類のDNAには、本能的に爬虫類を嫌う傾向が刷り込まれていて、 そんな爬虫類の最凶バ […]

  • 2015.03.23
  • ,

映画「宇宙戦争 ファイナルインパクト」

B級映画だということが最初から分かっていながら、 観終わって批判するのは、よろしくない。 せめてひとつでも良かった点を見つけて褒めてあげるのが、 B級映画に対する供養ってもんだ。 ・・・と思って観たんですけどね。 これがなかなか、キライじゃない。 みなさんご存知のとおり「宇宙戦争」って、数多く映画化されていて、 僕もそんなに観ているわけじゃないけれど、 最近の作品でいえば、トム・クルーズの「宇宙戦 […]

1 2 7