「名刀 その由来と伝説」(牧 秀彦)

「名刀 その由来と伝説」(牧 秀彦)

名刀 その由来と伝説
刀の”オブジェ”としての価値には全く興味はないけれど、
それを握ったもの達が辿った運命というか生き様には、興味がある。

特に源氏代々の宝刀「鬼切」については、頼光四天王・渡辺綱の腕切りのエピソードなどは昔からよく馴染んでいたので、
いくたびもの呼び名の変遷を経て、最後は新田義貞の憤死の手に握られていた、というくだりは、まさにワクワクしながら読めた。

刀を聖なるものと崇める習慣は、洋の東西を問わない。

それが護身具であるというのだけが理由であるならば、別に弓でも槍でもよいはずなのだけれども、
なぜ刀だけがここまで重宝されるのかといえば、おそらくその形状にあるのではないか。

刀以外の武器については、あまり美しいと思えない。

装飾にしても、弓を除けば、刀以外の武器はそれほど手の込んだものは施されていない。

つまり、刀が神聖視された背景には、やはり美しさという要素が多分にあるのであろう。
人を殺す道具が美しいというのは、なんともバカげたように聞こえるかもしれないけれど、今はそれを言っても仕方がない。

本・読書カテゴリの最新記事