「アートディレクションの黄金比」

「アートディレクションの黄金比」

アートディレクションの黄金比
デザイナー関連の著作は、なぜか装幀が白い本が
多い。

イヤな予感はしていたけれど、案の定つまらない本。

5ページで終了。

こういうインタビュー形式の本って(そもそも手抜きなんだけど)、インタビュアーと編集者にそれなりの能力がないと、読む方からすると、全然面白くなくなってしまう、という見本。

まぁ、取り上げられているデザイナーの生き方に余程興味があれば、また違うのかもしれないけれど、

そもそもデザインはアートと違うので、作り手の個性はない方が良いと思っているので。

本・読書カテゴリの最新記事