「なぜE=mc2なのか」(ブライアン・コックス/ジェフ・フォーショー)

「なぜE=mc<sup>2</sup>なのか」(ブライアン・コックス/ジェフ・フォーショー)

なぜE=mc²なのか
内容もさることながら、装丁の青色に惹かれて、購入。

青色は興奮を沈静化するから、知的な本を飾る色としては、誠にふさわしい。

外見はさておき、内容はというと、まさに「一般向け科学書の王道」。

ファラデー、マックスウェルから入って、光とは何かを語り、アインシュタインへと至る。

量子力学のあたりも好きだけど、やはりこの「光」にまつわる物理の歴史は、何度読んでもワクワクする。

「E=mc²」という方程式は、人口に膾炙しているほどには、その真の凄さが理解されてはいない。

質量とエネルギーが等価だということ、そしてそれをつなぐ「c」という定数の存在。

たった3つの記号だけで、宇宙の神秘の一面を語れるのだから、物理とそれを表現する道具であるところの数学は、人類の大きな財産であるに違いない。

本・読書カテゴリの最新記事