「奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語」(三崎 律日)

「奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語」(三崎 律日)

「奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語」(三崎 律日)

奇書=奇妙な内容の本、と考えると、
そんなものは地球上に山ほどあるわけだが、

本書の中での奇書の定義は、

かつては非常識であったが、今では常識となった内容が書かれた本
あるいはその逆の本

ということになっている。

なので、ちょっと奇書と呼ぶには憚られるような書物、
例えば、

『ルバイヤート』(ウマル・ハイヤーム)
『月世界旅行』(ジュール・ヴェルヌ)
『天体の回転について』(コペルニクス)

のようなものも採り上げられている。

本書を読んでいて楽しいのは、
本そのものの内容だけでなく、
その本が著された時代の風潮や思想の傾向が、
丁寧に説明されていること。

書物とは、それが異端であれ正統であれ、
著者の生きていた時代の空気を映し出すものなので、

この本の中で奇書を辿ることは、
歴史における価値観や思想のパラダイムシフトをなぞることに他ならない。

確かに『台湾誌』や『椿井文書』のように、
それ自体が興味深い本も紹介されていはいるが、

トンデモとかオカルトとか、そっち方面を期待すると、
肩すかしを喰らうだろう。

本・読書カテゴリの最新記事