「三角館の恐怖」(江戸川 乱歩)

「三角館の恐怖」(江戸川 乱歩)

「三角館の恐怖」(江戸川 乱歩)

本当はロジャー・スカーレットの、
「エンジェル家の殺人」を読みたかったのだけれども、

kindle版が出ていなかったので、
その翻案であるこちらの作品を読むことにした。

一番の興味の的だったエレベーターの密室殺人のトリックも、
第一の殺人のトリックも、そして犯人についても、

(自慢ではないが)分かってしまった自分としては、
それほど感銘を受ける内容ではなかったのだけれども、

築地の川沿いの洋館を対角線で区切った「三角館」の雰囲気や、
両家族の骨肉の争いや複雑な人間関係など、

これぞ乱歩ワールドという独特な雰囲気については、
十分に堪能できた。

特に、挿絵がなくても、
三角館の内部の様子や、その薄暗く澱んだ空気までもが、
鮮明に脳裏に浮かぶかのような文章術は、
流石としか言いようがない。

逆に自分としては、
原作を読んでがっかりするのが厭なので、
このまま原作は読まないことに決めた。

「三角館」は「三角館」のままでいい。

あと、途中途中で作者が「読者諸君!」といってカットインしてくるのも、
嫌いじゃない。

推理小説なんてものは、
そもそもの設定として、読者は作者の頭の中で遊ばされているわけで、

最初から「これは小説なんですよ」というスタンスで、
作者が読者に話しかけてくるのは、

なぜか純文学では見られない手法なだけに、
楽しくてしょうがない。

本・読書カテゴリの最新記事