「検察側の証人」(アガサ・クリスティー)

「検察側の証人」(アガサ・クリスティー)

アガサ・クリスティー 作、「検察側の証人」(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫

なんとなくミステリーが読みたくなり。

アガサ・クリスティーは、
少年時代に随分読んだ気がするのだが、

この作品は知らなかったので、
Kindleでポチってみたところ、

元々は短編小説であるらしく、
それを脚本化したのが本作とのこと。

脚本は読み慣れないのと、
どうせなら小説版がよかったなー、
と思いながら読み進めたのだが、

逆に脚本版の方が、
無駄な説明がないというか、

すべての描写を、
基本的には発話で処理しなくてはならないこともあり、
読者に想像力を要求されるものの、
それはそれで楽しめた。

ただ、内容としてはどうなのかなー。。

正直、イマイチ。

とある殺人事件をテーマにした、
容疑者とその妻をめぐる法廷劇なのだけれど、

人物の動きが不自然というか、
やや強引な感が否めない。

二人の重要な証人のうちの、
一人については結局深堀せずに終わるなど、

中途半端というか、
結論を急ぎすぎているというか、
うーーーん、、、どうなんでしょう。。

とりあえず、
この作家を代表するような作品には、
なり得ないことは断言できる。

ただ、テンポは小気味良いし、
短い中でうまくまとまっているので、

この作家のファンなら読んで損はなし、
といった感じかな。

本・読書カテゴリの最新記事