diary 2018/10

diary 2018/10

・2018年10月31日(水)
1年に1回、若者が仮装してバカ騒ぎをしたい気持ちは分からないでもないが、
街中でやる必要はないな。
昔の歌垣のように、山の中はどうでしょう。
でもゴミは持ち帰ってね。

 

・2018年10月30日(火)
再検査受けて2週間も経つのに、まだ結果が届かないのだが、
リアルにヤバい病気だったらどうすんのさ。

 

・2018年10月29日(月)
仕事が忙しいと通勤時間の読書が捗るという法則。

 

・2018年10月28日(日)
小学校高学年らしき男の子二人が、
歩きながらWindowsの歴史について熱く語り合っていた。
秋葉原、恐るべし。

 

・2018年10月27日(土)
1年半前に咳喘息を発症して以来、咳は治まったものの、
喉の上部に不快感があって声がスムーズに出なかったのだけど、
1ヵ月前ぐらいから「超音波温熱吸入器」を使うようになって改善した。
今や、1日1回欠かせない。

超音波温熱吸入器

もちろん、耳鼻咽喉科でスコープ検査をしてもらい、
異常ないことも確認済み。

 

・2018年10月26日(金)
土日は仕事することに決定。

 

・2018年10月25日(木)
「LGBTは生産性がない」という某議員の発言について。
性についての様々なカタチを認めるのであれば、
一方で、それに対する様々な意見も認めなければ、
民主主義的とはいえないのではないだろうか。
問題は、それが正しいか正しくないかではなく、
意見をきちんと述べられる環境を維持すること。

 

・2018年10月24日(水)
夕方、会社の近くのコンビニで、
パーティドレスみたいな盛装をした女性が二人、
食料品棚の前で懸命に商品選びをしていた。
レジ会計が僕の前になったのでふと見ると、
買ったのは「ゆで玉子」。しかも1個だけ。
手品でもやるんかいな。

 

・2018年10月23日(火)
今週は忙しすぎて、1日15分ぐらいしか練習時間が取れないわけだが、
そういうときこそ「何をどう弾くか」、要するに練習の質が問われる。

 

・2018年10月22日(月)
本来は就寝前に飲むはずの薬を、
昨夜飲み忘れたので今朝飲んだら、
一日中眠くて眠くて眠くて眠くて・・・、気が付いたら夜だよ。

 

・2018年10月21日(日)
チェロのレッスンの後に常磐津の鑑賞という、
有意義な一日。

 

・2018年10月20日(土)
医者に「とにかく肉を食べなさい」と言われたので実行しているが、
週2回以上は、なかなか無理。

 

・2018年10月19日(金)
田町で呑んだのは初めてかもしれない。

 

・2018年10月18日(木)
秋深し 文句をつくえに 向かい酒

 

・2018年10月17日(水)
探してないときはよく目にするのに、
いざというときにはなかなか見つからないもの。
タクシー/郵便ポスト/駅構内の銀行ATM

 

・2018年10月16日(火)
人間ドックでE判定だった件の再検査(@秋葉原何とかクリニック)だったのだけれど、
今日の医者は酷すぎる。
上から目線&人の話を聞かない&面倒臭そう&コメントがテキトー。
医者に限らず、カネもらって仕事している人間として失格だわ。
フォローしてくれた看護師さんに感謝。

 

・2018年10月15日(月)
毎週月・火曜日は休肝日にすることに決めた。
「※ただし祝日の場合はその限りではない」という但し書きを付けようか迷ったが、
鉄の意志でそれも排除(今のところ)。

 

・2018年10月14日(日)
体調が悪くいのと、週末酒浸り生活とが無関係とは思えないため、
まずは生活習慣をいろいろと見直すことから始めることにした。
今更なのだが、今後のためにも。

 

・2018年10月13日(土)
別に入試の成績で将来の医者としての良し悪しが決まるわけじゃなので、
医学部の不正入試ばかり、殊更に取り上げる必要もないと思うのだが。
そういう報道をしているマスコミもまた、どうせ不正入社があるんだし。

 

・2018年10月12日(金)
午後休だったので、久々に美術館に足を運んでみた。
たぶんおそらく、絵を観ているときにめっちゃ働く脳の部位があって、
最近そこを刺激してなかったから体調が悪いのかな、と思ったり。
それはさておき、絵の前に立ち止まって、
あれこれと感じ、考える時間というのは、何ものにも代えがたい。

 

・2018年10月11日(木)
子供の頃からハヤシライスが好物で、
やっと念願の元祖「早矢仕ライス」を池袋の丸善にて食した。
濃厚で奥深い味わいだけれども、大人にはちょっと甘めな感じ。
写真を撮ろうと思っていたのに、思い出したのは手を付けた後で残念。

 

・2018年10月10日(水)
枕詞の「修飾-被修飾」の関係は、日本語の最大の謎のひとつであるが、
「大」が付く地名に付く、「空数ふ」(そらかぞふ)という枕詞は、
何となくロマンチックなイメージがあって好きだ。
「空数ふ 大津の子が 逢ひし日に おぼに見しかば 今ぞ悔しき」(『万葉集』)

 

・2018年10月9日(火)
医者曰く、とりあえず薬を替えて、また様子を見ましょう、と。
様子は見るが、今回も駄目なら、
あなたに診てもらうのもこれが最後だ。

 

・2018年10月8日(月)
昼間に、今まで聞いたことのないような轟音に驚いて空を見たら、
かなりの低空を戦闘機が飛んでた。
こりゃあ、基地の近くに住む人はタマったもんじゃない!と実感。
うるさいだけでなく、人を不安にさせる音。

 

・2018年10月7日(日)
蝶はあれだけ羽ばたきするのだから、
相当のエネルギーを消費しているはずだが、
鳥が常時エサを啄んでいるほど、補給をしているようには思えない。
そう考えると、昆虫のエネルギー効率は相当高いと思え、
「昆虫最強生物説」を唱えたくなってくる。

 

・2018年10月6日(土)
早起き⇒昼寝⇒夜眠れない、という、
老人の生活パターンに近づいているようでちと怖い。

 

・2018年10月5日(金)
「3日間服用すれば、1週間効果が持続します」という、
魔法のような抗生物質を処方されて、今日で5日め。
なんか症状が悪くなってるんだが・・。
体調の悪さのせいでここまで鬱になるのは、久々だ。

 

・2018年10月4日(木)
よし、今日はこの本を読み終わるんだぜ、と思っていたのに、
諸事情あってそうならなかったときの悲しさ。

 

・2018年10月3日(水)
今日は半年ごとの緑内障の検査。
視神経が随分と薄くなっているのは確認できたが、
視野欠損はまだ出ていないらしいとのこと。
ただ、視野欠損の検査って所詮自己申告なので、
果たしてあの結果を信頼できるのか、とは毎回思う。

 

・2018年10月2日(火)
今回処方された抗生物質が強すぎて、
成程、これは夜1回しか服せないものだと納得。
自分の場合、夕食後~就寝までが、稽古やら読書やら重要な時間なので、
食後ではなく就寝前に服用することにした。
ただ、翌朝は二日酔いの如く起きるのがツラい。

 

・2018年10月1日(月)
もう15年ぐらい前のこの日、南京から上海まで列車で移動して、
国慶節というもののスケールを身に染みて感じたのを覚えている。
列車が遅れるのでは、と心配していたものの、
日本では絶対にあり得ないのだが、逆に1時間以上も早く着いて、
これぞ大陸のおおらかさよ、と感心したこともよく覚えている。

日記カテゴリの最新記事