diary 2018/12

diary 2018/12

・2018年12月31日(月)
今年は秋口まで体調不良に悩まされた。
健康状態が良くないとツキにも見放される気がしたし、
来年は一層気を付けるようにしよう。

 

・2018年12月30日(日)
今度はカムチャツカか。
年末納めのように地球内部が活発になっていて、
少し不安。

 

・2018年12月29日(土)
とりあえず「高輪ゲートウェイ」に頑なに反対しているのが、
僕らのような一般的感覚の持ち主ではなく、
ネトウヨ的鉄道オタクであることが分かっただけでも収穫だった。

 

・2018年12月28日(金)
一年間の家計簿を眺めながら、溜息をついてみる。
これもまた、年末。

 

・2018年12月27日(木)
日本捕鯨協会とか日本鯨類研究所って、
要するに天下り団体で、
故に調査捕鯨はやめられない、という批判は仕方ないかな。
税金が投入されている以上、
調査捕鯨により国際的非難以上の「何」を得られるのかを、
きちんと国民に説明する義務があると思うの。

 

・2018年12月26日(水)
江戸文化に多少親しんでいるならば、
高輪とか四谷といえば、「大木戸」。
だから「高輪ゲートウェイ」って聞いても、
何の違和感もないどころか、成程成程、って感じなのだけれど、
世間の感覚は随分ズレてるんだなぁと。
まぁどうでもいい問題だけどね。

 

・2018年12月25日(火)
インドネシアに続いて、シチリアでも噴火か。
2019年の日照量が減る可能性もある。

 

・2018年12月24日(月)
空港の荷物検査で、若い女性の職員に、
「スキットルの中身は何ですか?」と聞かれ、
ウィスキーと答えたら、匂いを嗅いで納得してたのだけれど、
どうせなら「白州です」などと言って、
反応を見て楽しむべきだったかな。
「いや、これはブラックニッカですよね?」とか言われてみたい。

 

・2018年12月23日(日)
泡の出るお風呂のことを「ジャグジー」というけれど、
綴りは「jaccuzi」なので、本来は「ジャクジー」のはずなのだが、
「アボカド」⇒「アボガド」と同様、
外来語において清音が濁音化するパターン。
「蛇口(じゃぐち)」の影響という説もあるけど、
それは不採用としたい。

 

・2018年12月22日(土)
同じ重さの荷物でも、
小さいカバンにパンパンに詰め込むより、
大きなカバンに余裕をもって入れた方が、
断然軽く感じる不思議。

 

・2018年12月21日(金)
今日、成増駅にある成城石井で買い物したのだが、
女子店員さんの接客が完璧だった。
レジを打って商品を渡すという、ほんの短い時間だったのだけれど、
笑顔、声のトーン、間の取り方、所作等々、
レジでここまで気持ち良く感じたのは初めてかもしれない。
おそらく企業の教育の成果でもあるのだろう。
外国人労働者が増えても、是非ともこういう教育は続けてほしいと思う。

 

・2018年12月20日(木)
毎年この時期になると思うことは、
来年の和暦と干支は何だっけ?ってやつ。
十二支には、毎年を動物でビジュアライズできるというメリットがあるけど、
和暦を使い続けても良いことはないな。
むしろ和暦を廃止して西暦に統一することによる経済効果は、
かなりのものだと思うのだが。

 

・2018年12月19日(水)
沖縄に限らず国内に米軍基地があるうちは、
日本は未だに自分から戦後を引きずっているわけで、
そりゃぁロシアや中国や韓国には舐められるわけだな。

 

・2018年12月18日(火)
「涙そうそう」と「我が闘争」は間違いやすいから要注意だな。

 

・2018年12月17日(月)
ドラッグストアにあった「ハミンゲ」って何かと思ったら、
「ハミング」の見間違えだった。

 

・2018年12月16日(日)
N産自動車同様、ファーウェイ問題は、
政治と経済が入り乱れて、色々とキナ臭いな。

 

・2018年12月15日(土)
体調のこと。
何処か良くなったと思ったら、別の何処かが悪くなる。
完全快適だった日を合計すると、年間一ヶ月ぐらいかな。

 

・2018年12月14日(金)
昨夜は夕食後に3時間ぐらい眠ったら、
そのまま朝まで眠れなくなった。
歳のせいというより、昔から自分の睡眠には不満。

 

・2018年12月13日(木)
熟慮の末、Kindleデビューしてみた。
しばらく使ったうえで、感想を書こうと思います。

 

・2018年12月12日(水)
地下鉄内でのカップルの会話。
男「クリスマスに何欲しい?」
女「疲れたから、休みかなぁ。。」
男「じゃあ婚姻届は?そしたら一生休めるよ。」
女「(苦笑)」

 

・2018年12月11日(火)
恐る恐るWordpressを5.0にVerUpしたのだが、
案の定後悔してる。
超絶使いづらいよ、これ。

 

・2018年12月10日(月)
たかが「小バエ」なのだが、
以前住んでいた西麻布のマンションで大量発生したことがあり、
浴室の壁とバスタブとの隙間に、
幼虫がうじゃうじゃと巣食っていたのを見つけたときは、
さすがに悲鳴をあげた。
それ以来、奴等が苦手。

 

・2018年12月9日(日)
昨日が人生初のホームセンターなら、
今日は人生初の老人ホーム。
自分には縁遠い場所だと思ったいたのだけれども、
なんだろう、複雑な心境でいろいろと考えさせられた。
でも自分も含めて、日本の未来においては避けて通れない問題だし。

 

・2018年12月8日(土)
幸か不幸か都会育ちなもので、本日ホームセンターを初体験。
まさかペットの生体まで売られているとは思っておらず、
不覚にもフレンチブルドッグに癒された。。
でも当然ながら値札が付いているわけで、
600,000円という価格と、分割で月々1万云千円という表示を見て、
何だか切なくなった。

 

・2018年12月7日(金)
ここ1~2ヵ月で何度か言われた、「なんでこの仕事してるの??」という質問。
なんでしょうねぇ。
僕の中では、仕事が人生に対して占める割合はごくわずかなので、
とりあえずやれる仕事をやっています。
所詮仕事なんで。

 

・2018年12月6日(木)
「気遣い」って文字をみると、
一瞬、差別用語の方だと思ってドキッとしてしまう。
ただ僕的には、差別用語があるから差別が生じるのであって、
そもそも差別意識がなければ、
差別用語なんていう概念は存在しないはずだと思っている。

・2018年12月5日(水)
今までは、電子書籍なんかあり得ない!と思っていたのだが、
そろそろ部屋中本で飽和してきたこともあって、
知識を吸収するという意味ではkindleという選択肢も考えようと思う。
たぶん僕のような「本の虫」が、率先してシフトしていかないとダメなのかなと。

 

・2018年12月4日(火)
配布用の自社カレンダーの束を抱えた営業マンの姿は、
依然としてこの時期の風物詩なわけだが、
どこぞの宮様じゃないけど、そんな悪習やめちまえ!と経営者は言えないのだろうか。
だって、いまどき壁掛カレンダーとかw

 

・2018年12月3日(月)
「三大~」ってやつは、
二つめまではスラスラと出てくるけれど、
最後の一つがなかなか思い出せない。

 

・2018年12月2日(日)
何の有意義なことも為さずに、
師走最初の週末が過ぎてしまったことを反省しかけたのだが、
では何をすれば有意義なのかと考えても明確な答えが出なかったので、
反省はやめにした。

 

・2018年12月1日(土)
「若手」と「岩手」は見間違いやすいから要注意だな。

日記カテゴリの最新記事