映画「4:44 地球最期の日」

映画「4:44 地球最期の日」

映画「4:44 地球最期の日」
怒涛の連日映画鑑賞。

「シネマート六本木」は、
六本木の飲み屋街の奥にある小さな映画館だが、
日曜の明るい時間帯だったので、
何の誘惑にも引かれずに、無事辿り着く。

オゾン層の破壊のために、
「明日の午前4:44」に人類が確実に滅亡する、
という状況の中で、

最後の1日を人々がどのように過ごすか、
を描いたヒューマンドラマ。

題材が題材なので、
「2012年」的なアレを求めて観にきた人もいたかもしれませんが、
そんなシーンは一切ありません。

ただ開始5分後から始まるセックス・シーンは、
無駄に長く、卑猥です。

主演は、まさかの(?)。

最後の最後にグリーン・ゴブリンに変身して、
スパイダーマンと一緒に地球を救うのかと思いましたが、
残念ながらそんなシーンはありません。

ヒューマンドラマです。

ヒロインがBuddhistという設定もあり、
映画全体が諦観に満ちてる。

逃げたり混乱する人々は、一切描かれず、
それぞれが思いのままに、静かに最期の時を迎えようとしている。

ただウィレム・デフォー演じる主人公だけは、
人生が最後まで諦めきれずに、葛藤する。

最後の最後まで、悩み、苦しみ、
そして遂に、グリーン・ゴブリンに・・・なりません。

ヒューマンドラマです。

・・・・・・
ということで、アメリカ映画にしては、
割と重い映画。

映画カテゴリの最新記事