映画「エリジウム」

映画「エリジウム」
エリジウム

最初から最後まで付き纏う、既視感。
つまり、目新しさがない。

「oblivion」「第9地区」「アイアンマン」「パシフィック・リム」「トータル・リコール」・・・

どこかで観たぞ?という映画を思い付いたままに並べたたけでも、
これぐらいは出てくる。寄せ集めでは良い映画は作れない。

と思っていたら、ニール・ブロムカンプという人は、「第9地区」の監督でもあったわけね。

宇宙と地上との垂直構造に当てはめた南北問題のようなテーマも、「第9地区」そのまんまだし、
二匹目のどじょうは、そうそう釣れるものではない。

珍しく敵役を演じたジョディ・フォスターの存在感は圧巻。
マット・デイモンはなぁ。。この役にふさわしいのは彼じゃない気がする。

 

エリジウム

あと、チョイ役俳優として欠かせないウィリアム・フィクトナーが、割と重要な役柄で登場するので、
ついにきたか!!!!、、と思っていたら、案の定、序盤でお亡くなりに・・・
でも、このキャスティングは、間違えてない(笑)。

ちなみに、この方ね。↓↓↓(画像は本作品とは無関係)

 

ウィリアム・フィクトナー

暴力シーンや少々エグいシーンが多いのは、個人的には減点。

適正価格:1,000円

映画カテゴリの最新記事