映画「ローズマリーの赤ちゃん」

映画「ローズマリーの赤ちゃん」
映画「ローズマリーの赤ちゃん」

 

「悪魔の子供を身ごもる」っていうと、
いかにもホラー映画っぽいし、

実際、この映画はホラージャンルの傑作と言われているわけだけれども、

どちらかというと、心理サスペンスだよね。

そもそも、ホラー映画であるならば、
僕が見るわけがないし(・・;)

夫も、友達も、医者も、結局、他人は誰も信じられない。

信じられるのは、お腹にいる我が子だけ、、という、
生物原理の根幹にある問題が、この映画のテーマだ。

(この映画には、主人公の親が登場しないのがポイント。
親がいないことで、主人公の孤独感が強調されることになる。)

夫や医者を含めた、周りはすべて悪魔で、
自分の産んだのは悪魔の子だった、というのが結末なのであるが、

この映画は、ストーリーをそのままとして捉えるのではなく、
それらはすべて、主人公の精神錯乱だったと解釈するべきなんだと思う。

一種のマタニティブルーといってしまえばそれまでだが、
すべての生物は雌から産まれてくるのであり、

産む側の孤独と、産まれてくる側の孤独

という、生命の本質にあるテーマと、
その孤独が極限まで達したときの、人間の弱さ、脆さを、

悪魔譚の形式を用いて描いているのであろう。

やはりこの映画は、単なるホラーではない。

周到に計算された、サスペンスだと思う。

適正価格:1,800円

映画カテゴリの最新記事