映画「囚われた国家」

映画「囚われた国家」

映画「囚われた国家」
2019年のアメリカ映画。

エイリアン(統治者)に支配された地球。

統治者に従い、
人民を統制する当局と、
それに対抗するレジスタンスの争いを描く。

設定としてはSFなのだけれど、
テーマは人間同士の闘いが主眼なため、
ドラマ的要素が強い。

飲酒のため、
途中で寝落ちしたこともあり、

「1.5回」この映画を観たわけだけど、
嫌いな作品じゃない。

ガチなSFを求める人的には、
エイリアンの描写がイマイチ、
ということになるのだろうけれど、

主義・信条を異にする人間同士のドラマ、
と捉えれば、結構イケる。

要はエイリアンを「ダシ」にして、
人間の醜さ・美しさを描く、
ということですな。

なので、
なんとなく、「第9地区」に似てるなぁ、
と思ったわけだが、
ブログの日付を見てビックリ。

もう11年も前なのか。

そりゃ、老けるわけですわ。

それはそうと、
この映画の中で、

「エイリアンに統治されたことで、
USの就業率は上がり、犯罪は減った」

という描写があるのだが、

まぁ、今の日本にしてみれば、
いっそのこと、
エイリアンが首相をやってくれた方がマシかも、
と思ってしまうわけで。

適正価格(劇場換算):1,600円

映画カテゴリの最新記事