年末は第九?

年末は第九?

「年末の第九」というのは、
バレンタインのチョコレートと一緒で、
どこの誰が始めたのか分からないが、
日本では定番の行事となっている。

あまりにもポピュラーすぎるゆえ、
正当に評価されていない気もするが、
第九というのは、とんでもない曲だと、あらためて思う。

型破りな芸術というものは、
どこかしらツッコミたくなる要素が満載なのだけれど、
この曲は違う。

この曲について語りたいことは山ほどあるが、
語るほどヤボになる。

マエストロ・トスカニーニのこの名演を見て、
感じることがあれば、幸いである。

このレスタティーヴォとかは、
オペラそのもののような、劇的さ。

モノクロで分かりづらいが、
実はマエストロは、結構オシャレなネクタイをしている。

1948年。

「日本よ、これがアメリカだ」と言いたくなる、
ニューヨークでの熱演である。

音楽カテゴリの最新記事