三味線調整

三味線調整

今月下旬の演奏会に向けて、練習するのは勿論だが、楽器も最良の状態にしようと思い、
とはいえ、楽器や撥を新調するわけにもいかず、
できるだけコストを抑えて、いろいろと調整を加えてみた。

・糸
一の糸は、八月の演奏会前に先生からいただいたものが大変よく鳴るので、そのままとし、
二の糸と三の糸を、「絹糸」に変えてみた。

特に三の糸については、高音の響きと柔らかさが、今までとは段違い。
これは素晴らしい!、と思ったのも束の間、なんと一日で三の糸が切断。

二の糸は何とかもっていたものの、絹のせいか、なかなか音程が安定せず、
こちらも諦めることとした。

結局、二の糸は新テトロン、三の糸はナイロンで落ち着く。
音もかなり良いし、音程も安定。不満なし。

・駒
半鼈甲の二分五厘を購入したことは以前書いたが、
その後、三味線屋で別の駒をいただいた(おそらく、半象牙の二分五厘)。

元の半鼈甲の方が、音が柔らかいので、そちらを使うことにした。

・音緒駒
あまり普及はしていないかもしれないが、
音緒と皮の間に置く、鼈甲製の駒で、皮の振動を音緒が吸収しないようにするものだという。
成程、理には適っている。

3,000円強で買えたので試してみたところ、
確かに音はキンキン鳴るが、残響というか余韻がキツイ気がして、やめることにした。

・撥(その1)
鼈甲撥だが、若干硬い(厚い)気がしていたので、三味線屋に三日間ほど預けて、
薄く削ってもらった。

弾きやすくなった気はするが、それほど劇的な変化は感じられず。
※ただ、何と無料でやっていただいたので(感謝)、かなりラッキー。

・撥(その2)
掌が極度の多汗症のため、すべり対策として、手ぬぐいを巻いていたのだが、
その改良版として、テニスラケット用のグリップテープを購入してみた。

専門店に行ってみると、数十種類もズラリと並んでいる。
いくつかサンプルがあったので握ってみると、さすがは現代科学の結晶。
これならば、汗ばんだ手で振り回そうが叩きつけようが、滑りようがない。

一番しっくりきたものを購入。400円ほど。

ただ、手ぬぐいでも何とかなりそうなのと、
せっかくの撥にそんなものを巻くのがなぜか気が引けて、まだ巻いていない。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・
とまぁ、総額で一万円もかけず、あれこれ試行錯誤した結果、
現状はベストのバランスに行き着いた。

そう、あとは、練習・・・。練習あるのみ。

音楽カテゴリの最新記事