高山製 津軽三味線用 NEW人工べっ甲撥

高山製 津軽三味線用 NEW人工べっ甲撥

高山製 津軽三味線用 NEW人工べっ甲撥
一口に三味線の撥、
と言っても色々で、

浄瑠璃系や長唄は、
練習用のものについては、

すべて木製だったり、
糸に触れる部分だけが象牙だったりのもあるけれど、

本番用は、
基本はすべて象牙製。

津軽については、
習い始めこそはプラ製を持たされるが、

少し慣れてくると、
弾く部分は必ずべっ甲で、

持ち手は、練り物(プラ)だったり、
木製だったり、象牙だったり。

要は、三味線の撥の材料としては、
「象牙」or「べっ甲」がマストなわけで、

ご存知の通り、
どちらも動物の体の一部を原料としているため、

近年は規制が厳しく、
もはや出回っている以上のものは作られない、
とされている。

じゃあ人工のものを使えばいいじゃない、
ということになるのだが、

津軽三味線について言えば、
前述の初心者用のプラ撥だったり、
アクリル製だったり、
「フェイクべっ甲」だったりが、
あるにはあるのだけれども、

強度が弱く(すぐ折れる)、
何と言っても、
いかにもチープな音しか出ない、
といった問題点がある。

そんな悩みを解決すべく、
津軽撥の一流ブランドである「高山」が、
この「NEW人工べっ甲撥」を発売した。

高山撥は、通常のべっ甲製だと、
10~30万ぐらいはするのだけれど、
これは3万5千円弱。

プラ撥としては高すぎるけれど、
べっ甲撥としては、
高山製ではない一番安いべっ甲撥と、
同じぐらいの価格となる。

ちょうど撥を買おうと思っていて、
ただ、さすがに10万円以上のものではないと、
満足できないだろうし、

べっ甲撥は当たり外れも大きいので、
悩んでいたところに、
この「NEW人工べっ甲撥」を見つけた。

三味線の皮(犬皮)も同様、
生き物の命を犠牲にしてまで弾くことに、
最近やや抵抗を感じてきていたので、

この撥には興味を惹かれたのと、
そして何と言っても高山製。

3万5千円なら、、、
と思い購入してみた。

結果は、大正解。

音は、本物のべっ甲製とほぼ違わないし、
通常のプラと違って割れることもなければ、
適度なしなやかさもある。

要は、「ほとんどべっ甲」。

サイズは(たぶん)3種類あって、
僕は中間の「No.8」にしたのだが、

欲をいえば110gというのが、
若干軽いかな、、

ということを除けば、
今のところ、何の不満もない。

もし10万円以下で、
べっ甲撥を買おうと考えている人がいるのなら、

こちらを買った方が、
絶対確実。

これは自信をもって、
オススメできる。

象牙&べっ甲問題については、
今後新作されないということで、
片付きそうだけれども、

問題は、
三味線の「皮」の方だよなぁ。。。

ここは完全にタブー領域とされているので、
業者以外は詳細は分からないけれど、
恐らく想像どおりの状況なのだと思うが、

最近では、
良い音がする人工皮も開発されているし、

三味線を嗜むものとしては、
常に意識しなければならない問題だと思っている。

音楽カテゴリの最新記事