ミステリー

1/3ページ

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

  頗る評判が悪かったので敬遠してたのだけれども、 酔った勢いで観てみましたよ。 結論からいうと、フツーに面白いでしょ、これ。 これを批判している人たちって、 ちょっとおいしい寿司が食べたいのに、かっぱ寿司に入って、 やっぱり不味かった、とか言ってる人たちなのかな、と。 最初から回転寿司だと思って入れば、 十分満足なのに。 内容的には、「ハムナプトラ」的な感じで別に目新しいことはないのだ […]

映画「12モンキーズ」

  たまたま見つけたので、懐かしくなって思わず観てしまった。 もう20年以上も前のメジャータイトルなので、 今更ストーリーをここで紹介することはしないけれども、 タイムトラベルとか、犯罪捜査とか、(軽い)駆け落ちとか、 どこかで見たような要素が散りばめられていて、 それほど古臭さは感じない。 「タイムトラベル」という要素にのみ着目するならば、 なかなか狙った時代に送り込めずに失敗しまくる […]

映画「特捜部Q ~檻の中の女~」

  「特捜部Q」シリーズの1作目。 個人的には、3作目→2作目→1作目、と鑑賞したことになる。 2・3作目でも見られたサイコっぽい雰囲気はここでも健在(?)で、 犯人捜しのワクワク感と、スリラー的ゾクゾク感を楽しむことができる。 ところで、「特捜部Q」シリーズはデンマークの映画なのだけれど、 最近、デンマークの発明家が自作の潜水艇に複数の女性を監禁し、 生きたまま首を切断する様子を撮影し […]

映画「空の大怪獣Q」

  1982年のSFミステリー映画。 翼竜がニューヨークで次々に人を襲い、 それに警察チームが立ち向かう、というシンプルな話なのだけれど、 同時に発生した強盗事件とリンクさせて、 ストーリーに厚みを持たせているあたりは、さすが。 1982年といえば随分昔のようだけれども、 スターウォーズの1作目はその5年も前なわけで、 それと比べると、特撮のレベルは、しょぼいなんてもんじゃない。 でもそ […]

映画「オリエント急行殺人事件」

  まぁ、可もなく不可もなくといったところか。 これだけ原作が世界的に読まれており、 かつ「種明かし」も超有名となると、 映画としては、如何にしてディテールを楽しめるか、になるわけで。 そういう意味では、これは絶対に原作を読んでから観た方がよい映画。 (ちなみに僕は子供の頃に読んだきりで、 もちろん「犯人」が誰かについては強烈に記憶していたけれど、 詳細の大部分は忘れてしまっていたので、 […]

映画「特捜部Q キジ殺し」

  シリーズ映画化第2弾。 第3弾(「Pからのメッセージ」)があまりに秀逸だったので、 間をおかず前作を観てみることにした。 暗く、重い、そして猟奇的な内容は期待通り。 ただ、ちょっと自分の中でのハードルを上げ過ぎたかな・・。 第3弾の出来には及ばないと思う。 その理由をいろいろと考えてみたのだが、 おそらくは「謎」の部分が少ないことなんじゃないかな、と。 序盤から誰が悪い奴なのかはすぐ […]

映画「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」

  このところ多く見かける「ホームズモノ」だが、 このホームズ映画はたぶん、それらとは一線を画している。 ホームズ93歳で、「最後の事件」の解決に失敗し、 田舎で養蜂をしながら隠居生活を30年も続けているという設定。 作品中では、3つのストーリーが同時に描かれる。 1.現在の隠居生活 2.30年前の「最後の事件」の回想 3.山椒を探しに日本に行ったエピソード ズバリ言ってしまうと、「3」 […]

映画「特捜部Q Pからのメッセージ」

  シリーズモノのサスペンスと聞いて、 どうせアクション重視な刑事ものだろうと思ったら、 予想を大きく裏切られた。 そもそもが、デンマーク・ドイツ・スウェーデン・ノルウェー合作という、 筋金入りのヨーロッパ映画で、 しかも原作・脚本ともに重厚この上ない、 言われてみれば北欧っぽい、暗く・澱んだ、狂気溢れる映画だった。 犯人はハサミを凶器とするサイコ野郎(ただしイケメン)なのだけど、 これ […]

映画「ガール・オン・ザ・トレイン」

  主人公(エミリー・ブラント)は、アル中の女性。 仕事に向かうフリをして乗っている列車の窓から仲睦まじいカップルが住む「憧れの家」を、 毎日眺めるのを楽しみにしていた。 けれど、その「憧れの家」の二軒隣は、かつて自分が住んでいた家であり、 今でもそこで暮らす元夫と、その現在の妻と子供との幸せな家庭が、 更なるアル中を進行させる原因となっている。 そんなある日、「憧れの家」に住む女性が、 […]

映画「ダーク・プレイス」

  30年前の一家惨殺事件の唯一の生き残りである主人公の女性と、 物的証拠のないまま、犯人とされて投獄されたその兄。 二人の間の家族としての絆は、もはやとっくに失われていたが、 事件の真相が明るみになるにつれ、兄と妹の感情にも微妙に変化が表れてくるという、 サスペンスをベースとしたヒューマンドラマと言っていいだろう。 『ゴーン・ガール』と同じ原作者ということなのだけれど、 30年前の事件 […]

1 3