星はデネブ

デネブといえば白鳥座のアルファ星、
アルタイルやベガとともに「夏の大三角」を作る、一等星のひとつである。

ちなみにデネブは、全天21ある一等星のうちで暗い方から数えて2番目ではあるが、
地球からの距離が、他の一等星と比べてズバ抜けて遠い(約1,500光年)ため、
絶対等級でいえば、逆にズバ抜けて明るい星だということになる。

(全く関係ない話だが、「いっとうせい」を変換しようとすると、
まず「一党制」となるのが、とてもシラけた気分にさせてくれる。)

星の名前はアラビア語由来のものが多く、
「デネブ」は「しっぽ」の意味。

これもちなみに、しっぽの反対側、白鳥の嘴部分にあるのがアルビレオという星で、
同名のネットカフェはこの星から名前を取っているのであろうが、
画像をみれば、まるで宝石のような二重星でもある。

さて、「デネブ」が「しっぽ」であるということは、
全天88の星座の中には、他にもしっぽをもった星座もあるのではないか、
と思う人もいるかもしれないが、
その通り、「デネブ」という星は白鳥座だけのものではない。

まず、すぐ近くにある「わし座」のしっぽ部分に「デネブ」がある。

次に、「春の大三角」の一角をなす、しし座のベータ星が「デネボラ」。
これは獅子の尾の部分にある星で、「デネブ」と語源を一にすることは明らかだろう。

北極星もこぐま座のしっぽの部分に位置する星であるが、
こちらは「ポラリス」で、残念ながら「デネブ」ではない。

そしてここで「くじら座」に登場してもらおう。

くじら座は、秋の空を彩る代表的な星座のひとつで、
秋の空には一等星はないのであるが、

ペルセウス座、アンドロメダ座、ペガスス座、カシオペア座、
そしてこのくじら座が織りなすストーリーは、
まさに空を舞台として繰り広げられる、一大叙事詩だといっていい。

実はこの「くじら座」、実際にはいわゆる「くじら」ではなく、
海の化け物であって、

星座絵を見ても、四本の脚と長いしっぽに獣の頭、
くじらというよりは恐竜に近い。

そういえば「ゴジラ」はくじらと何かのあいのこだったっけか?
記憶が定かではないけど、くじらよりはゴジラに近いイメージではある。

またまたちなみに、海の化け物である星座は他にも、
「みずへび座」(英名:Sea Serpent)、「うみへび座」(英名:Water Monster)
があるから、

もはや「くじら座」がモンスターとして登録される枠はなく、
仕方なしに「くじら」(英名:Whale)になったのかもしれない。

そのくじら座のしっぽの部分にベータ星、「デネブカイトス」がある。

等級は2等星、ややオレンジがかった色の星で、
周りに目立つ星がないこともあり、
秋から冬にかけての東の空に、肉眼でも確認することができる。

そしてくじら座の奥深い(?)ことには、
その長いしっぽの部分に、もうひとつ「デネブ」という星があるのだ。

なんとも贅沢な星座ではないか。

整理すると、「デネブ」という星は全部で3つあり、
その他に「デネボラ」と「デネブカイトス」。

女性の前でこんな薀蓄を傾けてみれば、
たちまち好感度が上がる可能性もないではないが、
でも「デネブ」を間違えて「デブね」と言わないように気を付けるようにしたい。